fc2ブログ
坂東玉三郎の特別公演を拝見しに名古屋は御園座まで行って参りました。
ちょっとした小旅行。

都内で観たいのですがなかなかチケットが買えず、少しずつ範囲を広げていってやっと
名古屋で購入できました。

芸の確かさはもちろんですが、私が一番驚いたことはその透明感。
年齢を重ねられてなお透明感や新鮮味を保ち続けられると言うのは並大抵では
ないと思います。常に精進している証。横っ面を張り倒された様な気分になりました。

実に様々なことを教えてくださる。本当にありがたいお勉強の時間。

坂東玉三郎

口上でのお衣装のお話などもとても興味深く、日本の技術の素晴らしさを思い知りました。

そんなふうにして新たに歌舞伎の世界を広めていこうとされている様子が素晴らしく
、もちろん他にもきっといらっしゃるとは思います。

御園座

緞帳も素晴らしくて、劇場は非日常の世界、と言う言葉にぴったりでした。

代々継がれていく文化、それを背負うことの覚悟、若手の育成、今後の日本文化
の発展への願い、などさまざまな思いを感じました。

私ももっともっと知りたいです。今の時代のことだけでなく受け継がれている日本の
文化について。

本当に誇らしい事柄で一杯だと思うから。

そして夢の時間を終えて、せっかく名古屋に来たのだから、、、とひつまぶし。

駅までの帰り道沿いにありなかなか店構えが雰囲気あって好みだったので入って
みました。

美味しかった、、、少々食べ過ぎました。

宮鍵さんというお店でした。女将が番頭さんみたいに座られていてなかなか雰囲気のある
場所で白木のテーブルが経年で削れている様子もとても歴史を感じて素敵でした。

宮鍵

一路東京へ。

こんなのもたまにはいい。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/827-21cf310a