FC2ブログ
下見全て終了し、最後に榎本さん、鈴木さん、86Bで美味しい大分の郷土料理などで
舌鼓を打ちつつお店に売っていたかぼすを購入。これすっごく美味しいのです。

お料理に使う→手についた油を顔に塗る→お風呂に入れる

という三段活用が女将さんのおすすめ。

相方は便の関係でかなり朝早く出発、またねの言葉で私は少し時間があったので
早めにチェックアウトして別府へ。

OPAMの榎本さんにスーパーレコメンドされていた方に会うためです。
まだ空いてなかったので竹瓦温泉堪能してから向かいました。

酒井理容店

面を作って50年!の酒井理容店へ。凄いDeepな世界。

酒井理容店

※理容店です。

店主の酒井寅義さん。
流木を拾ってきては作品にしたり、蛸壺やお椀なども作品にしてしまうというバイタリティ。
お面のデザインについて、流木の形などからどんなものが出来上がるのか即興的に掘り進める
のかデザインありきなのかお聞きしたところ、先に決めているとのこと。

先にデザインがあるからそれを掘り出したいという思いが彫刻刀を前に進める、その思いが
ないと刃で掘り進めないんだそう。削れないんですって。物理的に。

なんか思いで斬るってサムライ精神。。。。真剣で斬る藁切りも思いが無いときれない
、、、というのを思い出しました。

趣味と言っていたけれど、ここまで行ったらアーティストなのではないかな。

酒井理容店

この子大好き!

ついでに頭刈って頂く。お隣の息子さんの営むバーにてお話したらたいそう驚いて親父の作品と
言って私の写真を撮って頂く。新規は散髪しないんだとか。バリカンだったからかな?
ラッキーなことです。

それにしてもたくさんの面に見守られながらの散髪はなかなかオツなものでした。

酒井理容店

入るものを試すかのような入り口。お面や人形が理容店のポールの中でくるくる回ってます。

酒井理容店

隣バーの店主さかいまなぶさん。面作りやられている酒井寅義さんの息子さん。
ここには酒井寅義さんの生きてきた時代と大分の風景の写真や作品を展示している
博物館みたいな場所。家族みんなで応援している感じが素晴らしい。。。

教えて頂いたさらなるdeep 別府ツアーでタプ屋さんに。

タプ屋 別府

ゆる〜い良いバイブスで長居してしまった。素敵です。タプ屋ってどういう意味ですか?
って聞いたらゆる〜い答え。

そういえば書肆ゲンシシャも別府何だった。うーむ、奥深い。

ここまで色々巡ってみて別府の三角の特徴的な山を見たりしてるうちにはた!と
宇治山鉄平の弾むに繋がって(自分なりに)あの丸い窓の中は大分の風景だった
んじゃ無いかとか、リズミカルに大分の自然現象が描かれていたのじゃ無いかなとか
諸々頭に浮かんでおおおおおお!!っとなっているうちにカメラを忘れたよと
酒井さんから連絡をいただきチャリンコにて届けてもらうのでした、、、、、

すみません、有難うございました。

駅周辺のDeepスポットも少し案内していただき。。。。諸々作品作りにヒントになる事
を思わず得ることができたのでした。感謝!!!

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/750-de294127