FC2ブログ
北海道といえば新鮮なお野菜や海の幸、もあるけれどアイヌ文化に心惹かれる。

ミステリアスで北の大地なのに沖縄の人にもインディアンにも似た雰囲気。

函館市北方民族資料館
函館市北方民族資料館

風の谷のナウシカを思い出した。宮崎駿の。

これはアリュート族の衣装。一番上のものは狩猟の時に動物に変装していた時の頭巾。


以前マスクを手縫いした時に縫うってことは祈ることなんだなあと感じていたけれど
この文様にはいろいろ意味があってそれを組み合わせているのだとか。洋服一つに
思いがこもっている。

函館市北方民族資料館
函館市北方民族資料館


首飾りは代々受け継がれていくものらしい。とてもモダンできれいなデザイン。
と、色の配色。

函館市北方民族資料館

ここの館長さんの書かれている説明書や、アイヌ文様の説明書やデザイン、そして動画コーナー
など、小さな博物館ですがかなりの情報量と訴えかける確かな方向性からこの文化を残さねば
という大きな愛を感じました。

ウポポイも行ったけれど私はこちらの方が好き。ウポポイは伝承の歌が良かったな。
風がひゅるひゅると音を変えているかのような発声がホーメイなど思い起こして、
昔は大きな一つの民族だったんじゃないかなと思ってしまったくらい。色々リンクしてる。

函館市北方民族資料館

ここでアイヌの口琴ムックリを購入。
なかなか難しいのだけど地の底から這うような音からビリビリと高音域まで出る不思議な
楽器。面白くて購入してから練習している。

ムックリ 鈴木紀美代

鈴木紀美代さんのムックリ。



手間暇がかかっているのだなあ。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/745-95ce8725