FC2ブログ
熊野に奉納舞のために行ったのですがちょうど宿泊先のむすびの里で文化研修中で
研修生のために宿を用意していたので宿のみでは泊まることができず。
こういうこともなければきっと参加しないかもしれない、、という事で
半分だけ文化研修を受けてみることに。

獅子岩や大馬神社、花の窟など村の方の運転でマイクロバスで色々つれて行って頂く。
熊野 獅子岩

自然信仰が色濃く残っている場所を選んで下さいました。
熊野 大馬神社

講義は三島由紀夫の文化防衛論で、実は三島苦手なのでむむむ、、と思ったのですが
今回の旅の目的の一つでもある苦手と思っているものにあえて飛び込んでみよう、
というのもあったので思い切って。

日本の文化とは何か、そしてそれを守って行くにはどうしたら良いか、講義と
グループディスカッションだったのですが、結果的にとても興味深かった。

やなせたかしさんがアンパンマンショップに毎月今月のお言葉的にボードを掲げていて
とてもメルヘンすぎて苦手だったのですが東日本大震災の時に初めてやなせさんの
言葉にとても励まされました。で、思わずアンパンマンショップに入ってそこで見つけた
彼の本にあったプロフィールを見てあああああ!!っと恥ずかしくなったのです。

彼は戦争体験者で青春時代は真っ暗でした。色のない世界。戦後平和がやってきて
2度と戦争を繰り返してはならないとカラフルで夢のある世界を作って行くのです。

私はなんて浅はかだったんだろうと心の中で平伏して謝ったのでした。

三島由紀夫の表現もかなり攻撃的なのですがこの時代に生まれて同じ気持ちを
味わっていたとしたら?

と気がつけただけでも収穫でした。

参加者の方の話で凄く心に残ったのがモンゴルの方の話。
今モンゴルの文化や言葉や歴史は剥奪されてしまっているので、文化が断絶している
状態だそうです。若いモンゴル人の中にそこに危機感を感じている人たちがいて日本に
留学するのが夢だというらしいのです。

モンゴルの文化の研究者が日本にいるらしくモンゴル人が日本人にモンゴルの文化を
勉強しに行く。。という。

参加者の方は日本もこうなってしまわないように守らないといけないと思ったそうです。

文化の剥奪が一番その国を崩壊させるのに効果的なので。。。。

結構桂子と日々ベラベラと取り止めもなく話していたようなことを久しぶりに色んな方と
意見交換できて知的好奇心が満たされました!

ところでここでは自給自足を目指して活動しているのですがほぼ自給自足、山の水
を引いているので後は電力かなあという事でした。まだ開所してから2年経っていないのに
凄いスピードです。スタッフの数が少ないので仕事量が半端なく多い。

熊野

ここ見えるところ全部やってるそうです。もう直ぐお米とれそうと言ってましたが。。
桂子の体つきが金剛力士像みたいになっていて心配しましたが謎が解けた旅でもありました。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/737-257c848f