FC2ブログ



家にはCDが沢山あるのですが、普段の生活の中で音楽を聴くということはここしばらく
していませんでした。
が、今日急に色々聴きたくなり、思いつくままに聴いていました。

Facebookではアーティストチャレンジなる物でショウパブを元気に!という趣旨のもと
A projectとの(ショウパブの会社です)馴れ初めからつらつら書くついでに派生してブルー
ノートに行ったりして。

なのでこちらにも人に歴史ありという感じで書いてみようかな。

20代前半かな、その当時は色々迷走していてダンスは好きなのだけど何をしたらいいか
わからない感じでした。
当時はJazz Danceを習っていたのですが(同時に創作ダンスもしていました)
どうにもJazzのグルーヴが全くわからなくて、こうなったら一流のJazzに触れたら
手っ取り早くわかるのではないか。。。

ということで、募集もしてないのにBlue Note Tokyoに連絡をして面接まで漕ぎ着けました。
当時のマネージャーがなぜここで働きたいのか?ということを聞いてくださったので思いの丈を
ぶつけたところ採用していただき、短い時間でしたが働いていました。

未来のミュージシャンを目指す人などが沢山いてとても刺激を受けたのを覚えています。

一流の音楽家にまみれて本当に贅沢に勉強することが出来ました。
ある音楽家は楽屋では杖が必要でびっこをひきつつ歩いているのに、お客様の前では
杖なしで堂々と歩いて会場入りする方がいたり。。。。

素晴らしい演奏だけではなくて心意気も見せていただいて本当に素晴らしく贅沢な
時間でした。

また同じような時期に、”ダンサーってどうやって仕事を取るのだろう??”という疑問から
東芝EMIでアルバイトさせていただきこちらでも貴重な経験をさせて戴きました。

当時も今もですがアウトローですので、自分で何とか道を探すしかない!!という感じで
やらせていただいていました。

そこでは何かダンサーの仕事につながるという具体的なことはなかったにしろ、多くの
ミュージシャンや制作や営業の方がどうやって音楽を世間に売り出しているかの末端が少し
勉強できました。

ブランキージェットシティがDMの折り込みをしていたり、そんな場面も目にしました。

今となっては本当に貴重な時間です。

何か自分でこれをやりたい!!!

というものがあるのならば、それにつながりそうなありとあらゆる物にコネクトして
直接仕事につながらないにしても、物凄い勉強になるのでそんな風にするのはお勧め
だなと思います。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/734-56152379