2018.05.03 香和
14年間営業を続けてきたレストランシアターが幕を閉じた。

社長さんが別の会社で作った作品を見てくださり立ち上げとショウ演出全般を
任せてくださった。始まるまでも色々紆余曲折あり、なかなかいま考えたら青春の
一ページのような感じで皆で一つに向かって走っていた。オープンに向かって間に合わず
店で寝て遅くまで作業したり、半年間は毎日のように一緒にいたので色々思い出される。

舞台が動くシステムなのだけど当初はお店もないので(建設中だったので)何秒で
何センチ上がるから、何エイトでこの辺の筈!などとエアー舞台で振り付けしたり
舞台機構や衣装、全てにかかわらせていただいたので感慨深いです。

夢を売る仕事だから、お客様にその夢を持ち帰ってもらいたい、

という言葉からピンとひらめいた

”かぐわしき 残り香とともに 夢”というキャッチコピー。

お店は終わったけれども、沢山のお客様の心にはそんなものが
残っているんじゃないかなと、最後の数日間を沢山のお客様に囲まれた香和を
見て、思いました。沢山の作品を作らせていただけてやりたいようにさせていただけて
感謝です。お客様勿論のこと、スタッフ、関係者、の皆様、アシスタント引き受けて
くれた相方、何より素敵に作品を表現して踊ってくれたダンサーの皆さんに大感謝です。

全ての皆さんが次の人生素敵に羽ばたけますように。勿論自分達も頑張ります!

お疲れ様でした!また笑ってお会いできる日を楽しみにしています。

roppongikaguwa

最後のステージ終わった瞬間に壊れた舞台。頑張ってくれたなあ。舞台の神様感じました。
roppongikaguwa

14年の色々が刻み込まれた舞台。
roppongikaguwa

奈落を見ると衣装と香盤表、なんかたまらないなあ。すごく涙もろい立ち上げスタッフ山添さんと。
roppongikaguwa

立ち上げスタッフと最後のスタッフと、記念撮影。
roppongikaguwa

解体作業中の香和は、何も無くなって、だからこそ始めの頃を思い出した。

香和の黒幕を頂きました。今度は呼応で頑張ってもらおうと思います。
有難う!
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/640-f72fc3dd