2018.04.30
彼とは会ったことはまだない。会う予定だった。彼もダンサーだった。
私達と会うだろうからと、友人が引き合わせてくれ、彼はイスラエルに私達を呼んでくれ
ようとしていた。はじめは二年間、だけど呼応も運営しているしどうにかいい方法見つけて
。。。なんて思っていた。

連絡をしている最中、彼からちょっと大きな病気になってしまって、というメールがきて
少し時間をおいたほうがいいかなと連絡を控えた。

インスタグラムに86Bの舞台写真を載せると何かアクションしてくれて、私もアクション
返したり何かしらお互いに気にしていた。

けれど今月、彼は旅立ってしまった。

インスタグラムは美しい写真ばかりで彼は少しづつ回復しているのかなと思っていた
けれど、他のsnsではヘブライ語で苦しみと希望を行ったり来たり大変頑張っていた
という事、日本にいかなくてはならないから頑張らないといけない、と書いていた事
またなくなるギリギリまで86BのインスタグラムにLikeを押していたことなどを、彼と
引き合わせてくれた友人から聞いた。気にかけてたんだと思う、と。

”良かったら彼のために何か踊ってくれないだろうか、彼もフミエさん達と一緒に踊りたいと
思っていたはずだから”

その一言で、なんでもっともっと連絡しなかったのだろうとか、後悔の念に苛まれていたけれど
そういう追悼の仕方もあるんだなと、心を込めて踊り、届けた。

不思議なことだけど彼は近くにいるような感じがする。いつか彼の街に会いに行きたい。

love
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/638-22418335