3月のアンデパンダンフェスティバルでは謎のパフォーマーうさぎが降臨いたしました。
ご来場まことに有り難うございました。
お茶飲んだ時に口元に熱湯がたまって思わず声を出してしまいましたが、見ていた小さいお子様
が一緒に声だしてくれてありがたかったです。

。。と、聞いてます。



監視下のもと、通常の生活をするうさぎ、、、といったイメージで踊らせていただきました。
何となくココ最近、日本は何処に向かってるのか、日常的にジョージオーウェルの1984とか、
沼正三の家畜人ヤプーとか、のイメージがチラつくのです。
日本ってあったよね、昔、みたいな。。。

画像が何処にあるか不明な為何となくの雰囲気で。。。(何となくすぎますが)

また、画家のヒノキヲタクロウ氏のエキシビジョン、”生命体”では、深夜の開催にも関わらず
沢山の方にいらしていただきまして誠に有り難うございました。
うさぎゆえにモゴモゴしてしまいお話も出来ずすみません。

と、申しておりました。

深夜なのにこの絵、そして空間。映像を撮ったのですが真っ暗で何も見えませんでした。
和室だし畳だし,ヒノキヲ画伯の絵も相まって雰囲気良過ぎのデロリ空間でした。
パフォーマンス前のヒノキヲ画伯。

ヒノキヲタクロウ

ヒノキヲさんは6月にもアートサムライに参戦いたします!
アートサムライ
ニューヨーク行ってしまうのでその前にもう一回位、一緒に何かやりたいなあ。。。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/547-34322027