怒濤の日々を送っています。
ロケハン、シューティングに次ぐシューティング、テストを繰り返しています。

映像作家のGuillaume(以下ギーちゃん)はどうやら私達を双子のように感じるらしく、
松本大洋の漫画、鉄コン筋クリートや、, Agota Kristof の悪童日記の二人をイメージさせる
ということで、半分ドキュメンタリー、半分フェイクの映像をつくりたいという事でスタート
しました。

86b210

同じようなことを私達に言ってきた人が以前にもいらして、自分達も聞くとピンとくるのですが
第三者に私達がどう見えるか、という意見がとても新鮮で残酷で優しくて悲しい。興味深いです。
とっても。怖いけど。

ミーティングから作品イメージを膨らませて動きに発展させて繋げて、壊して、を繰り返して
やっとココ迄きたか。。。と行った具合です。
こちらの様子をレポート風にシェア出来るように綴って行こうと思っていましたが、何だか 
FBに写真をアップするのが精一杯な感じでした。

まず初めの二週間はロケハンとシューティング、そして三周目からは美術家のアンさんの
インスタレーションとダンスのシューティング。ギーちゃんとの時もそうでしたがあれこれ先に
決めるのでなくてとりあえずやってみてそこから膨らませたり発見したり、というやり方。
ギーちゃんにとって新鮮だった様です。フランス人はあれこれともの凄い議論をしてから
事を起こすらしいので。それもまたありだけども、どのみち私達言葉で十分なコミニュケー
ションとれないので返ってそれが良い感じ。なのでアンさんともそのやり方で。

86b210
86b210

アンさんのインスタレーションも凄く素敵で、エナジー交換出来て凄くエキサイティングでした。
遊びながら、それイイネ!という瞬間を広げて行って制作していました。その後3D撮影チーム
も入り、一週間のアンさんとのワークはひとまず終了。最後は3D眼鏡で映像確認。
ちょっと笑える図でした。最後はお疲れの乾杯。

合間にイメージに合う衣装つくり。
ギーちゃんのおばあさんの家に行き、ミシンの使い方を教えてもらい、ご飯を食べてから
さよならをして、早速ギャラリーでマレで争奪戦で奪い取ったブツをあれこれ切り貼りして
制作。このミシン古いものですが、東京の家にある新しいミシンより使い勝手が良い!

86b210

そして音はレオさんとマイアさんに協力していただいて、録音しに。
何ともヨーロッパっぽい地下スタジオで。(名付けてたまごすたじお)
素晴らしい音楽に聴きいってしまいました。音のイメージをリクエストされたのでもの凄い
抽象的に伝えたのですが、ファーっとでてきたのがまさに!という音でさすが。。

86b210

偶然にも友人といった場所から思いがけずインスピレーション貰ったり、全ての事が栄養に
なって吐き出されてる感じが凄くある。

今迄出てきたアイデアをもとに身体をどう動かして行くか粘度こねてる所から形になり。

はじめのパフォーマンスの日は3日なのでもうあまり時間もないのだけどまだまだ構築作業は
続きます。

86b210 paris
詳細はこちらをクリックして下さい。
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/519-2b59edb6