そしてウンブリア地方へ。
火山の跡地という事で、景観がもの凄くワイルド。そして葡萄畑、オリーブ畑、ひまわり
っていうThe Itaria!!!

ウンブリア

築100年は超える石造りの古い家に泊まらせていただきました。
結構持ち主のお友達や親戚が集まってきていて、ちょっとした合宿状態。
ベルギー、イタリア、アメリカ、ドイツ、日本で構成されてました。言葉もちゃんぽん。
野菜とハーブは畑にあるので、肉と果物だけ買ってきます。凄く新鮮で美味しい。

ウンブリア

すごーく人懐っこいLION,家の中には入ってこないのです、賢い。

ウンブリア
ウンブリア

そしてナポリに住んでるJさん、お料理担当の様でもの凄いささっと早くしかも美味しい!
料理を作ってくれます。あーまた食べたい。。。しかもワイン地のもので本当に美味しい、
としか言いようの無い美味しさ。
豚肉の中にハーブをギュぎゅっと摘めてハムにしたものも初めて食べたけど美味しさが
ぎゅうううぅぅうっと濃縮されていて、天国。そこにワイン流し込んだら昇天ものです。
細胞が小躍りする感じ。食は大事だなあと改めて思う。

こんなもの毎日食べてたら脳が開きそう。パワーつくし。新鮮だから色味も美しい。

あんまりにもお腹いっぱいになるので朝ヨガをやることにしたら、成り行きでクラスやる事に
なり、急遽青空教室。
山の風景みながらのヨガは最高、そしてローズマリーみたいな匂いに包まれて行うのも
何とも贅沢なひと時でした。地球って本当に豊かだなあと思います。

ウンブリア

そのまま今度は太極拳を習います。イタリア人のJさんから太極拳を習う日本人F。
始めてやったんですけどもの凄い丹田にエネルギー集中するってことがわかる。
滞在中に、基本運動の一番を教わり、覚えて一人で出来る迄にしました。身体の調子
すこぶる良し。異文化交流。

ウンブリア

中世の時代は戦いが多かったのでこの辺りは断崖絶壁に街があったりして、ジブリアニメの
実写版(いや、逆にアニメ版かもだけど)のような絶景だったり、

ウンブリア

ローマ法王がお忍びでバカンスに来るっていう湖の島の周辺迄ボートで行き、ボートから
飛び込んで(わたしはそろそろと滑り落ちて)泳ぎまくったり、

ウンブリア

梅図かずおハウスも彷彿とさせる色違いの軽石を織物のように模様をそろえながら
積んで行った巨大なシマシマ教会、その扉周辺のカトリックの隙のないこれでもかと
いうほどの装飾と説法とのめまぐるしい羅列。
ずっと隙間無くしゃべり続けられているようで、なんだかもうどうでも良くなって最後に
ハンコ押しちゃう的な洗脳っぷりに、グッタリ。

そういえば、ヒンドゥーの教典の絵なんかも、こんな感じだし、考える暇を与えないって
いうのは宗教の基本なのかもしれない。

などと。

とにかく食べて、飲んで、よく遊んで、よく寝る、という子供のような夏休みでした。
最後に、フルート吹いてる方がいて、踊りとコラボしたいという事で、急遽一緒にやる事に。
400年前や900年前のケルト音楽を聴かせてもらったり、なかなか無い経験、家主さんから
バッハのリクエストがあったので、何度か曲と会わせてリハーサル。
唐突になんだかA.I.Rみたいな感じになり、

踊りました!

衣装ないから寝間着で。

umbriadance.png
終わってジャケット泥だらけにしちゃったのでバサバサと払ってるとこですが、

”何か失ったものを取り戻そうと探していて、そして最後に見つけたんだね”

と、お料理作ってくれてたJさん。なんか、、、、ありがとう!
皆さん喜んでくれたようで良かったです、泊めてもらったお礼になったかな?
今度はハープの人が来るから、、、といわれましたが、、、帰国しなきゃいけないので。。
またお会いしましょうとお別れしました。

今度は相方と86B210で踊りにいきたいです。

最後ベルギーのちっちゃい紳士がプレゼントくれました。

umbria

ありがとーぅ★すっごい嬉しい。そしてイタリアといえば10年前にアヴィニヨン演劇祭が
ストライキはいったとき、フランスでフェスティバル難民になり、バスと電車乗り継いで
イタリアに入り、ヴェネツィアヴィエンナーレみたのが初めてだったので、夜中に血気盛んな
少年グループに追いかけられた恐怖体験からあまりいい印象がなかったんですが、おかげで
だいぶ変わりました。またいきたい★

以上、片割れの夏休み絵日記でした。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/484-69e45809