わたくし(坊主)、夏休みを盛大に頂き、相方に呼応お留守番と代講とをお願いしてイタリアに
旅立ちました!相方とスライド方式でお休みとる予定でおります。
旅のテーマは美&食&酒。そして出会いであります。

そもそもフィレンツェは昔お世話になったAプロジェクトの谷本会長が散々芸術の都だから、
イタリア行ったら絶対フィレンツェに行くべき!と、申しておりましたので刷り込まれており、
絶対にミケランジェロの作品を観るぞと。
そしてウンブリアでは1にワイン,2にワイン、3,4,が無くて、5にワインという作戦。(?)

フィレンツェ

アルノ川ほとり、ポンテ・ヴェッキオ(Ponte Vecchio)近くの景色はもー美しいの一言。
金しか売ってはいけない橋とかでメディチ家が街の建設やら決めごとを微に入り細に入り
決定していた模様で、非常に隙のない街、という印象。街全体が美術館の様でした。

のなかのこんなんとか。

フィレンツェ

パニーニが潰れてない!!
凄く美味しかった、場所の名前を控えてないのだけどポンテベッキオすぎて一本目の路地を
左だったと思う。左側に割と小さいけど美味しそうな清潔な店があるのですぐ分かります。

フィレンツェ

素晴らしい町並みがあれよあれよと続いて行くので眼が回る&夏のヨーロッパの日差しの強さを
忘れてました!日焼け止めクリーム忘れた。。。真っ黒です。

フィレンツェ
フィレンツェ

そしてついに念願のダヴィデ様にお会い出来た!血管の浮きで具合と良い、筋肉の若々しさ、
まるで呼吸しているような質感、もうマジックとしか言いようの無い技術。
石袋を持っているのですが、袋が包帯のように見える、この気の遠くなるような作業。
なんていうか、、、、観ているだけでドキドキ心臓が鼓動を早く打ち続けます。
ミケランジェロ様ありがとうございます、、( 心の中で拝みました)
360度全ての角度から写真を撮りまくりました。天才と聞いてたけど本当に天才、であるし
かなり研究した様子が作品から手に取るように伝わってくる。

未完の作品も展示されているのですが石の中から生れ出ようとする力強さ、リズミカルな
ノミの削り痕からは何の迷いも感じられない。
ただあるものに向かって取り出すだけ、といった印象。
仏師みたいです。

完璧。

そういえばダヴィデ様の瞳の中が❤なんですが、あれなんでかな?ご存知の方教えて下さい。
調べても美術館の本買ってものってなかった。

イコンの展示もあったのですが、その展示のスポンサーがなんと日本の企業。
フィレンツェ

トーソーって初めて聞きましたけど、アカデミアの展示物のスポンサーやるなんて
なかなかカッチョ良いではないですか。

フィレンツェ

。。。私的に非常に気になるキャラクター。

フィレンツェは完璧な街、といった印象。こんな隙のない街にいたらどんなダンスが
産まれるのかな?と想像しましたが、なんとなく完璧さを求められる気がしてそういった意味では
息苦しさを感じました。
凄く奇麗で素敵な街なんですが。なんだろ?
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/483-3745e293