で、その間に出演、むせかえる?ラバーモデル。KURAGEさんの作品です。

    471992_1120068389_217large_convert_20110510180450.jpg

    471992_1120068330_161large_convert_20110510180422.jpg

ホントに凄いクオリティの高さでした!!細かく花魁のTatooボディスーツに、
お引きずり、帯、そしてヘア+マスクのアレンジ等、美しかった!

総勢40名のラバリストの皆さんももう凄いこだわりで圧巻、、、

隙間無く肌を埋め尽くしたボディスーツにガスマスクのモデル登場のとき
MCの方が”これで放射能対策も万全ね”とおっしゃってたけど、ほんとよね~~。

冗談じゃない時代になってしまったねと、色んな人達と話しました。

毎朝今日の放射能と風向きとプラントの様子と水道局の値をみてから
”あ、大丈夫そうだよ。”と、パスタのお湯を沸かす。

こんな時が来るとは。

私2000年にアビニヨンで、メグ スチュアートのダンス作品を観ました。
舞台上にシェルターがあって、二人くらいのダンサーが、ほとんどダンスと関係
のない会話やら、普通の動き?みたいなことをしていて、その会話もマイクを通
して聞こえる時と聞こえない時があり、えんえんとそれを観た後に、一人の
ダンサーが全裸で外の砂漠地帯に飛び出してくる。

え??って感じで、何とつまらないものを観たのかと相方と二人で憤慨して
かえったのですが、

今回、原発の問題が起ったとき、真っ先に浮かんだのがこの舞台の映像だったのです。

。。。。あ、そうだったのか、と。

わかりたくなかったな~。でも。

受け入れた上でどう進むかを見極めなくてはいけないと。鎌仲ひとみ監督は”あたし
たちはヒバクシャなのよ”、そういっておられて、ショックだった。けど。事実だ。

砂さんの所で知り合った鎌仲ひとみ監督の映画”六ヶ所村ラプソディー”、”ミツバチ
の羽音と地球の回転”、”ヒバクシャ”は、今色々な所で上演中なので、私も観に
行こうと思います。

映画の詳しい情報はこちら

いろんなことにむせかえりながら、良い空気を求めて出口に向かっていきたい!!
そして美しい物に触れてエナジーを満たしたい。

ランキング参加中let's click★応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/281-5c04a76f