振り付けをして自分で踊ってるとやはりどうしても身体が歪んでしまう。
左右対称じゃないですから、、ってことで色々メンテナンスをしてるのですが、
その中にYogaがありました。

初めてであったのはPeter Gossのクラスでしたが、アレはアシュタンガ等織り交ぜ
その他いろいろ彼なりに研究して自分のメソッドを作り上げていました。
それが身体が自由になるもので、それいらいふんわりとYogaをしていたのです。

それが最近になってしっかり勉強してみたい!!という気持ちが湧きあがって
、、、明日からオーストラリアにyoga修行に行ってきます。

学ぶ前の前段階として参考図書やら(制覇出来てないけど、、)aasana(ポーズ)
の名称覚えるとかあって、舞台後に全て後回しにしてたものが一気に来てて
はじめはナーバスでしたが、、調べはじめてみると凄く面白い&奥が深すぎて
とんでもないとこに片足突っ込もうとしてるんじゃないのかと怖くなってみたり。

綺麗な海で遊んでたら急に海底がマリワナ海溝になった。。。。。。。。。

みたいな。

例えば"Yoga"一つとっても、サンスクリットではoはオーと発音するらしく
”ヨーガ”になるのですが、ヨガと発音するのと、正しくヨーガと発音するのと
口の中の動きがまるで違う。後者の方が口とのどの奥を使い、暖かみがあって
それそのものがすでに身体と気持ち(精神?)を伴っている。

音の中に気持ちがある、言霊と一緒だな~とか。

とかやってますと全然進まないんだけど。なぜかそこから写真家である
アンリ・カルティエ・ブレッソンの言葉、”写真は短刀の一刺し、絵画は瞑想”
に思いを馳せ、舞踊はこの中間だな、、とかシャワー浴びてたら打ち合わせに
遅れそうになったりとか。

相方は心配のあまり痩せました、、、笑える。

取り留めも無くこの辺で!!!準備しなきゃ~~~!!

そして行ってきます!!!!

ランキング参加中let's click★応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/245-876e4f40