ということで急遽伊東へ。

小田急線で小田原まで行って乗り継ぐと1500円で行ける!!知らなかった。。

伊豆はいつも湿って暖かくて南国みたいで気持ちが良いです。

    IMG_0643_convert_20101016103210.jpg

温泉の誘惑がそこここに。池田20世紀美術館到着。

常設展でシャガールやらピカソやらの素晴らしい絵が展示されていて、展示法も時代別
なので流れが良くわかる。もっと近所にあったらまた通いたいなあ、、。
そして片岡晶展。

私が今回作ろうとしているのは例えばいつも民衆が支持してリーダーが決まるけど
しばらくすると駄目だ!!革命を起こさなくては!と、また新しいリーダーになり。。
っと、歴史上繰り返している事、それはもう仕組まれていて、シナリオが出来てて
それに私達は一喜一憂してるけど、そんなのももしかしてプログラム内に入ってる。
それをサーカスのようなテイストで舞台上で出来たら良いなという事で、、、、
作中に出てくるわけではないけど、中原中也の”サーカス”という詩もからめて。
(今はもうすでに作りはじめていますが)

それをお話ししたら片岡さんの展覧会に行くと良いってことだったのです。
同じくGeorge Orwell の1984も参考図書として読んだり。
これは、もう色々な形で作品になってるなと感じました。”時計仕掛けのオレンジ”
”ゼイ リブ”等々。。。。形を変えてああ、観ているなと。

最近では”IQ84”も。

で、それましたが、片岡さんもそんなテイストだったのです。
私は”ひょっこりひょうたん島”のなんかまるっこいお人形、、、という認識しか
無かったのですが、それが珍しい方で、大多数は何かしらストーリーを持った
毒のある人形でした。もしくは針?

ひとみ座による企画、”俊英三人の詩人の書き下しに寄る人形劇”1962では、
岩田宏、谷川俊太郎、寺山修司が人形劇の脚本を競作したという、なんとも
贅沢な企画、、、観たい!!!

その”脳味噌(岩田宏)”と、”狂人教育(寺山修司)”の人形を担当なさったらしく
グロテスクで滑稽な作品が並んでました。タイトルが凄いですね。。

当時は前衛的とされるプラスチックを使い、とあります。

ああああ面白そう!!

作品の写真は出しては行けませんってことでしたので、沢山撮ったのですが
お目めだけ。。。

    IMG_0655_convert_20101016103254.jpg

CBCの大野さんが勧めたわけがわかりました。いや~、面白かったし凄く勉強に
なった!!ありがとうございます!!

そして帰り際にあったガウディのデスマスクのあまりの優しさに癒される。

    IMG_0687_convert_20101016103351.jpg

大量生産的な考えを嫌って、全ての仕事を断り、自分の思う建築物を造るには全て
自分たちで!!
と、アナログ思考、そしてそれを理解してくれる少数の仲間とコツコツ、、

それは今も引き継がれていますよね、素晴らしい。。

彼自身は電車の事故であっけなくなくなってしまったらしいです、が、信念を
貫いていた彼だからこその、このデスマスクなのかもと思いました。

やりたい事をやるってシンプルだけど難しい、でもシンプル。

とかぐるぐるしてループになった所で、外の気持ちよい空気を吸いに、深呼吸。

    IMG_0703_convert_20101016103453.jpg

帰り際の湖に立ち寄ったり、海岸沿いの温泉に浸ったりして満喫して帰りました。


ランキング参加中let's click★応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/231-a3263319