2010.06.03 細江英公
"Roonee247Photography”で、細江英公人間写真展 土方巽舞踏大鑑
開催中です。

会期:2010年6月1日(火)?13日(日)
   12:00?19:00 最終日?16:00

会場:247photography Roonee

※関連行事 細江英公 写真絵巻ビューイング
 6月4日(金)14:00?20:00(予定)
 四谷ひろば コミュニティルーム4

今日は大野義人さんが指人形で舞を披露されたようで、残念ながらそれには
間に合わなかったのだけど、お話しさせていただき。

土方さんが亡くなる1時間前に大野一雄さんに”あなたにとってのエロスとは何ですか”
と、問いたそうです。

私にとってのエロスとは何だろう?
死を意識しながら生である事にもがくこと、、、。かな?
いやだいやだ、死にたくないと言いながら生に固執する。

戦時中に人間の本能からか、防空壕でsexしていた、という話は聞いたけれど
それに近い感じかな。。。それが”エロス”かなと思うのです。

首くくり栲象さんもいらして、久しぶりにお会いしてご挨拶。

お元気そうで何よりでした。

様々な分野の方とお話しでき、有意義な時間帯でした。ただ細江英公さんは大人気で
気後れしてしまってお話しできなかったのが悔やまれますが。
若手写真家を前にして、貴重なお話をされていました。


”明日売れないことをやるって言う気概が無きゃ芸術家なんてやれないよ
何が流行るかなじゃなくて、俺が流行らせてやるって言う気持ちじゃなきゃ”

私を覚醒させた写真、その作家の言葉。

      103_2.jpg



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://dance86b210.blog21.fc2.com/tb.php/190-12aa895c