fc2ブログ
8月の神社セッション、平和への祈り、破壊して再生する祈りのパワー!という
事で始まった神社セッション、お客様も参加していただいて初めて成立する祭。
御来場、ご参加いただきました皆様、オンラインシアターご参加の皆様誠に
有難う御座いました!

いつもは終戦記念日あたりなのですが今回は奇しくも広島原爆投下の日の前夜
でありました。

神社セッション 呼応

昭和感あふれる幕。家の中にこれから潜んでくるであろう得体の知れない物たち。
といった雰囲気からスタートしました。

ここから一気に破壊と再生と祈りの祭りへとなだれ込みます!!

9日までオンラインシアターでご覧いただけます。ぜひお家の中で祭りに参加して
下さい。

神社セッション オンラインシアター

今のこの情勢は何百年かに一度歴史的に繰り返す破壊の時なのかも知れないから
この後は新しく再生に向かうのだと思うと仰っていたお客様もいらして
そうなのかも知れないと思ったり。

生きてこそ。脈々と受け継がれてきた大事な命一つ一つの重さ、それを他人が
殺めるなんてこと絶対にあってはならない。

平和が一番。
皆様のパワーと我らのパワーが竜巻となって宇宙に届きます様に。
8/5(金)空間実験室LABO+ 神社セッション、出演者の紹介です。

空間実験室LABO+ 神社セッション グロプチン ヒノキヲタクロウ 86B210 鈴木富美恵


●出演者紹介●

12030315_1199515346732054_2614190894889486030_o.jpg

Gloptin
孤高の音求道者。
暗闇の変人。
フロアタム、キッチンメタル、自作電子ボックス、改造エフェクター、ストロボを
使ったライブパフォーマンスをしている。
暗闇と閃光、個と集団。
太鼓と叫びと爆音とストロボとフライパンがアトラクション的に五感と本能を刺激
するソロユニット。

236915940_4384492534962106_3900055292061301784_n-1.jpg

PINOKIO
ヒノキヲタクロウ(PINOKIO)は自らの内に秘めた精神世界を旅する。
それは濃密で奇妙で陰鬱とした不思議の国である。
彼の作品はその世界を旅しながら見つけた強烈なビジュアルを現実世界に引き出すこと
によって産まれる。
1979 年岡山にて生を受けたヒノキヲタクロウは幼いときより空想の世界に入り浸り、
一人遊びが何よりも好きな子供だった。
彼が少年期を過ごした岡山はとりわけ、日本古来より続く精霊信仰が根強く残る土地で
深い山、原始的な川が流れ、古い神社や祠が無数にあり、妖怪や物の怪の存在が身近に
感じられるような独特の風土で あった。
そのような環境で彼のイマジネーションは育まれ、目に見えない世界を描く事に楽しみ
を見出して行った。
専門学校で本格的に絵を勉強し始めた彼はそこでシュールレアリズムに出逢い、その
ビジュアルと思想に大きな影響を受ける。
「夢も幻覚も空想も全てが現実の一部である」その言葉がヒノキヲタクロウのアートに
ぴった りと嵌る表現だった。
2016 年、彼は更なるアーティストの高みを目指しニューヨークに移り住む。
そこでニューヨークの人々に向け、ストリートパフォーマンス、壁画制作など新たな
経験を積む一方でニューヨークの最新のアートに触れ彼自身のアートの幅を広げながら
現在に至る。
そしてまだヒノキヲタクロウは留まらない。好奇心と探究心がある限り彼の旅は続く。

239864525_4384494671628559_571237887885259770_n.jpg

鈴木富美恵(86B210)
国内外で活動する井口桂子、鈴木富美恵による前衛舞踊デュオ。
渡仏中の公演に関して『DANSER』(フランス)『ballet tanz』(ドイツ)best stage 34の
topに掲載される。
共同通信パリ支局よりニュース配信される。AIR レジデンシーアーティストとして、
CESTA(チェコ)、ArtBIOTOP(日本)、Galerie Nord(フランス)参加。
他分野の芸術家との共同作業にも積極的に行っている。
OPAM(大分県立美術館)にて教育普及活動を行う。
また映画監督Tim Burtomシークレットパーティでもパフォーマンスを披露。
2022は越後妻有大地の芸術祭に出演。
即興の肉体の面白さ、空間をつくり上げる試みとして偶数月の第三金曜日
に空間実験室LABOを主催。
2013より、Art Space 呼応co-oh 主催。
様々なアートが交流する場所としてオーガナイズも行っている。
今回は事情により第3金曜日ではありません、鈴木富美恵ソロ参戦!

詳細、ご予約方法はこちら
http://dance86b210.blog21.fc2.com/blog-entry-888.html
おお!末広がり!!

毎回終戦記念日あたりにやっておりますが今回は諸事情により第3金曜日ではなく、8/5
開催となりました。毎回来て下すっている方にはお分かりかと思いますが、舞台美術
として終戦記念日の新聞を使っております。

今回は終戦記念日前にやりますので少し趣向を変えお届けする所存。

祭りの時間をご一緒に!!日頃の憂さや汚れを落として下さい、我らが昇華して参ります!

平和が一番!!!!!
空間実験室LABO+ 神社セッション グロプチン ヒノキヲタクロウ 86B210 鈴木富美恵

-English below

空間実験室LABOより生まれた種を育てる、その一歩先へ、のシリーズ、LABO+。
8月激しく神社セッション!! が帰ってきます。
自作ジャンクメタルやプリペアドフロアタムを全身全霊でかき鳴らし自ら発光するgloptin
そしてNYより帰国し日本で活動中の幻想絵師、ヒノキヲタクロウ、激しい祈りの
破壊的ダンス担当鈴木富美恵でお送りいたします。

世知辛い世の中を少しでも光を見出すべく、地下神社が現れます。
平和への祈り、そして夏の雷にも似た厄払い的セッション。
キャパ60%の30名限定、御予約制です。

どうぞお立ち会い下さい。
終演後はサロンになります。どうぞお越し下さいませ。
お会い出来ます事楽しみにしております!

また6日から三日間オンラインシアターも開設いたします。
全世界から参加可能ですのでこちらも是非!!
オンラインシアター
https://86b210.stores.jp/items/62c3f407a74e3318a9002a57


Our project "LABO" is a series of performances held on the third Friday of even numbered month.
It is a laboratory of movement.
Our next project, "LABO+", grows from the seeds of LABO. LABO+ performances will be further
developments of works from LABO's laboratory.
Our next "LABO+" performance will be held on Friday, August 5.
The performance will be a collaboration with the percussionist, gloptin and
Painter,Takuro Hinokiwo. 

If you will be in Tokyo, please come to our performance! 30seats,reservation only.
We look forward to meeting you then.
For those who can't attend in person, we will also be offering an Online Theatre
version of the performance from Augst 6 - 9. Please enjoy!

Online Theatre
https://86b210.stores.jp/items/62c3f407a74e3318a9002a57

LIVE PERFORMANCE
8/5(Fri)
Door Open 19:30. Performance Start 20:00
2500yen (Incl. 1 drink)

[会場/Venue]
Art Space呼応Co-oh
新宿区四谷3-6結城ビル地下一階
B1F,3-6,Yuuki Bldg,3-6,Shinjuku-ku,Tokyo 
http:www.cooh-studio.com

ご予約/Reservation
86b210@gmail.com

出演/Performer
gloptin (Drum,Lighting,Voice)
Takuro Hinokiwo (Painter)
Fumie Suzuki (Dance / 86B210)

音響、照明
新村貴樹
越後妻有大地の芸術祭2022、6月の我らの作品震える空〜Vibrating Skyにて
音楽担当してくださっている坂出雅海氏!の、所属するグループ、そして四谷三丁目で
定期的に行っている空間実験室LABOにて即興にて、三田超人氏、清水一登氏、佐藤正治氏、
巻上公一氏、ご一緒させていただいた皆様のグループ、ヒカシューの
ライブ、巻上公一「『カバコフの夢』を歌う」を堪能してまいりました!

IMG_5922.jpeg

流石の夏休み時期で満室、満室。滑り込みでこちら何とか予約。
松代芝峠温泉 雲海

雲海が見える!というのと会場のまつだい農舞台にとても近いのです。
こちらで荷物を置き、見晴らし最高な温泉にザブっと。

巻上公一「『カバコフの夢』を歌う」へ!
お世話になった大石さん、大垣さん、村山さんにお会いできて嬉しい時間。しかし
スタッフは長丁場だから(そして瀬戸内国際芸術祭と重なってしまっているから)
大変だよね、、
どうか倒れないで最後まで健康に完走できますようにお祈りしております!

IMG_1215.jpg

ライブは。。。
夕刻からの太陽光からの少しずつ灯が入り夜となっていく、時間というものを感じ
させる照明と、それに伴った演出、ゲストの皆様+ヒカシューのくんずほぐれつの
カオスな時間帯、カバコフ作品からの音の諸々、そして1時間45分のコンサート、
熱量とうねり、虫がたくさん集まってきて黒い影がぐるぐる回っている様子も
空中のダンサーのようで、とてもエネルギッシュだった。

いやー。

元気もらった!!!

旅館に無理やり夕飯を遅くしていただいていたためにご挨拶もそこそこに雲海に
戻りました。(夕食時間過ぎてしまってたので、、、)

そして撃沈。よく寝た〜。

翌朝は御来光とともに早朝風呂にてうっすら雲海を見ながら貸切露天風呂、、、
最高です。

オープニングセレモニーでご一緒した方の作品は見たいなあと思っていましたので
今回は鞍掛純一氏、大塚理司氏の作品と、カバコフ、ボルタンスキーの作品を回ることに。

イリヤ&エミリア・カバコフ, 棚田

IMG_5925.jpeg

生花回廊といって様々な生花作家さんの作品が点在しています。

IMG_5928.jpeg

大塚理司氏 王国

P4270773.jpg

人のようにも見えるインスタレーション、絶妙な角度で展示されている様に”生花だ!”
と改めて。

イリヤ&エミリア・カバコフ, 手を携える塔

P4270767.jpg

音響効果が良くてすごく響く、そして世界と呼応するような電波塔が。

イリヤ&エミリア・カバコフ, 人生のアーチ

P4270778.jpg

ここにきて昨日のヒカシューライブのとあるシーンに腑が落ちました。

エステル・ストッカー 憧れの眺望

P4270782.jpg

なんかぐるんとするような作品。今思えば似たようなテキスタイルの服着てたから遊べたかも。
と思いつつ実際はずっと下から歩いて猛暑なので頭回転してませんでした。

豊福亮 樂聚第

P4270784.jpg

磨かれたような真っ黒い石と金箔のコントラストがとても美しい。

鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志 脱皮する時

P4270786.jpg

獣の毛並みのような、風の道のような、空間で今までの城主の歴史なども重ねて考えながら
金の部分に座りつつ風に吹かれていました。

しかし農舞台からここまで歩いてしまったのでありえないほど汗が出て上から下まで
ビッショビショです。ちなみに今回行って必須アイテムと知ったのは

▲水
▲帽子
▲タオル
▲虫除けスプレー
▲素肌の出ていない服装(山の格好)
▲歩きやすい靴
▲着替え

ですかね。。。

シャトルバスがあるというのを後から知りまして、(ちゃんと書いてあったのですが
朦朧としてて見落としてた)帰りはシャトルバスですいーっと。

地元のお母さんが作る美味しいおにぎりとレモネードなどを頬張りながら。

最後はこちら。

クリスチャン・ボルタンスキー, ジャン・カルマン, 最後の教室

IMG_5962.jpeg

私実はボルタンスキーってそんなに凄い好きって感じではなかったのですが、
この作品は別格。

ジャン・カルマン氏と、共同で制作しているせいかもしれませんが空間の使い方が
圧倒的に素晴らしい。
ボルタンスキーの魂も浮遊してそこ、最後の教室に浮遊しているような気がして
ならない。


静から動まで、様々なエネルギーと自然に癒やされてこちらに向かいます!

この夏あの神社セッションが帰ってくる!8/5(金)神社セッション!