FC2ブログ
86b210 on 2018

1/6(Sat/土) ゲリラパフォーマンス@N.Y →
2/16(Fri/金),17(Sat/土) 86B210新作公演 震える空ーVibrating Sky →
3/25(Sun/日) アンデパンダンフェスティバル Fumie Solo→
3/31(Sat/土) 富田勝彦個展 オープニングパーティパフォーマンス→
4/20(Fri/金) 空間実験室"LABO"→
5/5(土) Kurage Showcase オープニングパフォーマンス Fumie Solo→ 
5/11(Fri/金) 赤い部屋〜Floating Women→
6/2(Sat/土) DEPERTMENT-H Performance→
6/15(Fri/金) 空間実験室"LABO"→
7/22((日)) アンデパンダンフェスティバル Keiko Solo→
7/28(土) The GATE→
8/31(Fri/金) 空間実験室"LABO+(ラボプラス)、その一歩先へ、のシリーズ"→
10/26(Fri/金) 空間実験室"LABO"→
11/3(土)-5(月) 某アソシエーションオープニングセレモニー→
11/25(日)OPEN MIC!→
12/1(土)-1/27(日) Michael Kenna A 45yeah odyssey 1973-2018 →
12/15(土)忘年会+Art Performance Noisy →
12/19(水) 堀蓮20周年企画 一蓮託生 →
12/21(Fri/金) 空間実験室"LABO"→


ご予約は日時、お名前、枚数、ご連絡先を明記の上、
左にありますメールフォーム、または86b210★gmail.com(★を@に変えて下さい)迄お送り
下さい。こちらからご連絡さし上げます。
eventに関しましてはそれぞれの主催側へお問い合わせ下さい。

Informationは随時アップして参ります。
今年最後の空間実験室LABO,後来京くださいまして誠に有難う御座いました。
五十嵐一生さん、Sasa Aleksandarさんにも厚く御礼申し上げます。
スタッフの皆さまもお疲れ様でした!

86b210 sasaaleksandar isseiigarashi labo artspacecooh
Photo:Stuart Beraha

動物とか自然とか恐れとか不安とか。。。根源的な部分に焦点を当てて即興できた気がします。
もともとSasaのマスクのコンセプトはマスクを外す為のマスク。
その人の持つ内面性をマスクにして取り付けることによって普段生活している時の表向きの面を外す装置。

私達が2012年に作った作品の逆のアプローチで、とっても興味深い。

人の声がぼくらを起こすまで、僕らは溺れる-叫びと沈黙の舞踊と陶芸の饗宴 Till human voices wake us, and we drown-Scream and Silence,collaboration with Dance+Ceramic Art

86b210 sasaaleksandar isseiigarashi labo artspacecooh
Photo:Stuart Beraha

86b210 sasaaleksandar isseiigarashi labo artspacecooh
Photo:Stuart Beraha

五十嵐一生さんは3年前にLABOで岩崎工さんとご一緒した時のご縁でもう一度ご一緒出来る事
となり本当に光栄です。またマスクアーティストのSasaとはコラボしようと言いながらなかなか
時間が合わずにやっと今回ご一緒出来たので嬉しさひとしお。
一生さんとも相性いいと思ったので今回3組で同じ時間を共有できて嬉しいです、そして
紹介してくださったMさんにも感謝。

86b210 sasaaleksandar isseiigarashi labo artspacecooh
SAsa Aleksandar+86B210(Fumie Suzuki/Keiko Iguchi)

86b210 sasaaleksandar isseiigarashi labo artspacecooh
Sasa Aleksandar+Fumie Suzuki+Issei Igarashi+Keiko Iguchi

86b210 sasaaleksandar isseiigarashi labo artspacecooh

細かな内容はライブなので書くことが難しい。
観てくださった皆さまの胸の中に。

今年最後のLABOで、86B210の踊り納めということもあり、終演後は86Bよりささやかな
乾杯のプレゼント、皆様のご多幸とご発展をお祝いして、乾杯致しました。

そして応援有難う御座います!足を運んでくださる方がいて生かされています。
来年はまたずっと温めている作品、震える空を上演いたします。こちらは
TPAM参加作品となります。さらに大きくして海外でも踊りたいと精進していきます。
ぜひ足を運んで応援していただけたら幸いです。

チケットは販売が開始されました。
ご予約は86b210@gmail.com でも承っております!

86B210 TPAM PAGE

もうすぐ今年も終わりですね、皆様素敵な年末をお過ごしください。
初代彫蓮の20周年記念の展覧会でのパフォーマンスにお越しいただきまして
誠に有難うございました!

horiren1st exhibition Shibuya 86b210 artperformance
Photo:Sasa Aleksandar

彫蓮さんから少し聞いていた話、福島はまだ終わっていない、人が作った恐ろしいもの
に福島不動は怒りを隠せない、自然への尊敬や畏怖の念、そう言ったことを身体に取り込んで
彫蓮作品を見にまとって踊りました。

horiren1st exhibition Shibuya 86b210 artperformance
Photo:Cris Ubermann

想いがあったので違った意味で緊張しましたが作家の意図を壊すことなく
融合出来て昇華できたと感じられる時間となり、ホッとしました。
関係者の皆さまにも本当に感謝です。

horiren1st exhibition Shibuya 86b210 artperformance
Photo:Yoko Matsuno

20周年の記念に。
horiren1st exhibition Shibuya 86b210 artperformance

horiren1st exhibition Shibuya 86b210 artperformance

彫蓮さん、本当に有難うございました。そして20周年、誠におめでとう御座います!
horiren1st exhibition Shibuya 86b210 artperformance

エキシビジョンは12/23まで開催しておりますので是非素晴らしい作品を観に行って
見てください。会場では彫蓮集大成の作品集も発売されています。

彫蓮20周年記念エキシビジョン
今年最後のLABOは、トランペッターであり作曲家の五十嵐一生氏とご一緒いたします。
今から武者震い。是非同じ空間共有していただけたら嬉しいです。
※マスクアーティストのSasa Aleksandar 氏とのコラボレーションも決定いたしました!!

86b210isseiigarashi sasaaleksandar labo artspacecooh



12/21(金)空間実験室LABO
21st,December,2018

86B210(Dance)+五十嵐一生(トランペッター/作曲家)+Sasa Aleksandar(Mask Artist)


毎、偶数月は86B210,LABO。
呼応地下空間の実験室。激しい種が産まれるか、静寂か、どうぞお立ち会い下さい。

終演後はサロンになります。どうぞお越し下さいませ。
小さなスペースですのでご予約をお勧めいたします。

"LABO" are held on the third Friday of even numberd month.
It is laboratory of movement.
Next "LABO" on 21st ,December,Friday.
86B210(dance avant-garde duo) with Issei Igarashi(Trumpeter/Composer).
And,Sara Aleksandar(Mask Artist).
If you stay in tokyo, please come to our performance!



12/21(Fri)
Door Open 19:30. Performance Start 20:00
2500yen,(Inc,1 drink)

ご予約/Reservation to

86b210@gmail.com

会場/Venue: Art Space呼応Co-oh

東京都新宿区四谷3-6結城ビル地下一階 / B1F,Yuuki Building,3-6,Yotsuya,Shinjuku-ku,Tokyo

[出演]

■五十嵐一生(トランペッター/作曲家)


1965年1月17日 北海道 紋別郡に生まれ、北見育ち。
4歳でピアノを始め、10歳頃からトランペット、JAZZ、オーディオ、などに目覚め、買ったレコードや作ったラジヲによって、マイルスデイビスの音楽と出会う。
13歳で石川県に移住し、ブラスバンドや、作曲活動を始める。高校は、音楽科のある、福井工業大学付属福井高校に進学し、基礎や音楽理論、ソルフェージュ等を学ぶ。高校在学中には、YAMAHAライトミュージックコンテスト北陸大会で、「ベストホーンプレイヤー賞」を、NHK ヤングミュージックフェスティバル北陸大会で、「特別賞」を受賞する。
1983年上京。国立音楽大学を目指しながらも、同時にジャズプレイヤーも目標として、都内ライヴハウスでジャムセッションに参加する。
1985年国立音楽大学入学。音大では元NHK交響楽団首席トランペット奏者の北村源三氏に師事する。同時にニュータイドジャズオーケストラ、モンキー小林J.J.M.等に参加。1988年の山野ビックバンドコンテストでは、「優秀ソリスト賞」を獲得。
新宿ピットインのデビューは、中村誠一グループ。その後間もなく、日野元彦に認められ、”日野元彦196X”、”日野元彦グループ”に参加。都内各所のライヴハウス、ジャズクラブに出演し始め、多くのミュージシャンやアーティストと出会う。自己のグループでは、新宿ピットイン朝の部に出演し始め、塩谷 哲(key)(元オルケスタデラルス)、本田雅人(sax)(元 T-スクェア)、三好功郎(el-g)らを率いる。
それからの共演アーティストは、中村誠一、渡辺香津美、辛島文雄、本田竹広、峰 厚介、向井滋春、益田幹夫、板橋文夫、土岐英史、古沢良次郎、東原力哉、清水 興、坂田 明、渡辺貞夫、山下洋輔、日野皓正、山口真文、ジョージ大塚、等多数。
また、海外のアーティストとは、トミー・フラナガン、デューク・ジョーダン、レイ・ブライアント、ウォーネル・ジョーンズ、マーティー・ブレイシー、ジェイ・マクガバン、デレク・ジャクソン等とセッションを重ねる。
1990年「NOW'S THE TIME WORKSHOP」(Fun House)、「五十嵐一生THE TWIN HORN BAND」で初リーダー作をレコーディング。その他「Fun House」からは、「クリスマスジャズ」、「Here We Go / 吉岡秀晃」、「HIP BONE / 日野元彦」「BOOGIE BOGA-BOO / 本田竹広」を、収録。
1993年、トイズファクトリー/deep blue records、ジャズアーティスト第Ⅰ弾として、「Deep Blue Rain/Issei Igarashi」で、ソロアルバムデビューを果たす。
1994年、第2作「camel」を発表。
1995年、第3作「Golden Lips」を発表し、スイングジャーナル選定ゴールドディスクとなる。
1996年、第4作「Tokyo Moon 」を発表。
1997年、第5作カヴァーアルバム「Summer's Almost Gone」を立川直樹氏プロデュースにより発表。
2006年、第6作、水滴をイメージした「FREE DROPS」を発表。
2016年、第7作、辛島文をとのDUOアルバム「I Wish I New」を発表。
海外の活動
1993年、「高瀬アキ」グループの一員として、日野元彦らと共に、ベルリンジャズフェスティバルに出演。(ベルリンフィルハーモニックホール)
1994年、同グループ、ドイツ国内コンサートツアー参加。同年、日野元彦グループで韓国コンサートツアー参加。日本人初のテレビ出演同年、日野元彦グループで韓国コンサートツアー参加。韓国では日本人初のテレビ出演ジャズトランペッターとなる。
1996年、Seigen Onoとライプツィッヒ(ドイツ国内)のアートフェスティバルで共演。
同年、ニューヨークに、中村照夫プロデュースによる「JAL」のエイズキャンペーンイベントの為、渡米。バードランドに4日間出演し、タウンホールでは、ロイ・ヘインズ、バリー・フィナティー、スタンリー・タレンタイン、ジョン・スタブルフィールド、マイケル・ウルバニアック等と共演。
同時期、マイケル・ウルバニアックのアルバム「URBANATOR 2」のレコーディングにニューヨークにて参加。
録音活動
「小野誠彦/ラ・モビダ」、「岩代太郎」(TBS系TVドラマ/独身生活)、「周防義和」(Shall We ダンス?)、(奇跡の人~日本TV系ドラマ・オリジナルサウンドトラック)、
「ソウル・ボッサ・トリオ」(徳間ジャパン過去3作。尚、2作目では楽曲を提供し、アンソニージャクソンと競演)「Joi /EL PARAISO」2000年9月27日リリース(1stアルバム)
五十嵐一生自身によって制作された、「BMW」の国内ラジオCM(JーWave)、「真田広之」主演の映画作品、「真夜中まで」(和田誠監督作品)の音楽と演技指導を担当。
「ケイコ・リー / デイ・ドリーミン」(ソニー)、TOKU「30」(ソニー)、HAJIME YOSHIZAWA「JAPAN」・・・・・・ほか多数。

■86B210(Dance)
86b210 gloptin labo+ artspacecooh tokyo jinjya yotsuyasanchome

国内外で活動する井口桂子、鈴木富美恵による前衛舞踊デュオ。渡仏中の公演に関して『DANSER』(フランス)『ballet tanz』(ドイツ)best stage 34のtopに掲載される。 共同通信パリ支局よりニュース配信される。AIR レジデンシーアーティストとして、CESTA(チェコ)、ArtBIOTOP(日本)、Galerie Nord(フランス)参加。 他分野の芸術家との共同作業にも積極的に行っている。OPAM(大分県立美術館)にて教育普及活動を行う。また映画監督Tim Burtomコープスブライドプレミアムシークレットパーティ、アリスインワンダーランドプレミアムパーティ、シークレットパーティでもパフォーマンスを披露。主題をもとに形作る作品と、肉体から即興の面白さ、空間を作り上げる試みとして偶数月の第三金曜日に空間実験室LABOを主催。
2013より、Art Space 呼応co-oh 主催。
様々なアートが交流する場所としてオーガナイズも行っている。

■Sasa Alaksandar (Mask Artist)
labo 86b210 tokyo Yotsuya sanchome sasaaleksandar

造形美の素晴らしい立体マスクのアーティスト。各国を旅しながら出会った人達との
インスピレーションで様々な作品を作り続けている。
N.Y.のThe Hedonist Magazine の表紙を飾る。
Sasa Aleksandar

照明/音響 新村貴樹


12/19(水) 19:30から 86B210 + Horiren 1st
彫師、彫蓮20周年の記念すべき展覧会でパフォーマンスを致します。作品と融合してさらに
邁進する気持ちを込めて舞います。是非いらして下さい。当日は彫蓮の作品を身にまとい
ます。またとないこの機会を是非お見逃しなく。

観覧料1000円。
チケットは86b210@gmail.comにて
お受けしております。会場が広くないために人数制限ありますのでご予約をお勧めいたします。

会場:渋谷ギャラリールデコ
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目16−3 髙桑ビル

電話:03-5485-5188

ギャラリールデコ

horiren1st 86b210 Shibuya ichirentakusho
縁は不思議なものです。ギャラリー冊でのオープニングパーティで偶然隣り合わせた方
が、投資家で、私の周りにはいない属性の方なので興味津々でお話ししてましたら
アートがお好きで何か将来的にアーティストと組んでイヴェントなどやってみたい、という
お話しからあれよあれよと第一回目のパーティを開いて下さることが決定しました。

私と、書家の小杉卓氏とでパーティに花を添えます。フリードリンクフリーフードで
気兼ねなく楽しんでいただけるイヴェントです。ぜひ、遊びにいらしてください。
皆さんで交流して色々広がれれば楽しいことになりそうです!

artspacecooh party artpaerformance takukosugi 86b210 fumiesuzuki

【忘年会 × ライブパフォーマンス】

~Noisy~
歳忘れパーティーはフィンガーフードとワインで。パーティーの中でモダンダンスと書
によるライブパフォーマンスが披露されます。様々なジャンルの人が集い語る”Noise”と、
ダンス×書による”Noise”をお愉しみください。

◆日 時 2018年12月15日(土) 18:30-21:30
◆場 所 Art Space 呼応co-oh
     〒160-0004 東京都新宿区四谷3-6 結城ビルB1
◆参加費 ¥3,500(Free drink / Free food) 
     ※当日会場でお支払いください 
◆定 員 40名
◆申 込 Art Space 呼応co-oh
     Mail: coohtokyo@gmail.com

◆Timeline
 18:30 Open
 19:00 Start
 20:00 Performance(30min)
 21:30 Close

◆Performer
 モダンダンス:86B210 (鈴木 富美恵) 
 書:小杉 卓 

Produced by 栗岡 大介

小杉卓
86B210 Michaelkennna
86B210 Michaelkennna


モノクローム写真の巨匠、マイケル・ケンナの写真モデルをしました。もう二年くらい前に。
初の女性の被写体を追うというものでしたので、どこにも発表できなかったのですが、
ついに東京都写真美術館で開幕となりました!

私たちの作品も展示されています。初めて岩とお城のような白黒の写真を観て、その
静かだけど迫り来るような力強さに、誰がとったんだろう?と調べたらそれがマイケル・ケンナでした。
それが初めてのマイケル・ケンナの作品との出会い。

なので尊敬するアーティストの作品になれてとても光栄です!!感無量。

86B210 Michaelkennna

久しぶりにお会いして嬉しい楽しい一日、残念ながら桂子は熊野にいたため参加できずで
相当残念がっておりました。わかるよ。。

86B210 Michaelkennna


展示は70年代から現在までの写真が一堂に集まっており、彼の軌跡をたどる
とても贅沢な写真展でした。私はずっと強制収容所を撮りためたシリーズが焼き付きました。
以前桂子とベルリンに行った時に足を伸ばして強制収容所に見学に行ったのですが、

言葉に出来ない、本当に沈黙しかないような、場所でしたので、、、、、

それを思い出しました。

彼は1988年から12年かけてナチスドイツの強制収容所跡28か所を撮影して300点の
プリントとネガをフランス政府に寄贈し芸術文化シュヴァリエ章を受章しています。

美しい風景の写真だけでなくこうした活動は尊敬以外の何物でもないと、改めて
深く心に沁みました。

日本で初の大回顧展です、是非!!!

マイケル・ケンナ写真展 MICHAEL KENNA A 45 Year Odyssey 1973-2018
2018.12.11 熊野撮影
急遽報道写真家の、横田徹さんにドローン撮影していただけることになり仕事の合間をぬって
大慌てで日帰り熊野入り。
桂子は先に熊野入りしてましたので私(富美恵)が後から合流。熊野市まで新宿から高速バス
でているとは知らず。便利。

kumao

熊野は相変わらず美しくて山から白い煙のようなものが朝方もやああっと湧き出てきて
うっすら山を取り囲んで静かに地表に向かって滑り落ちてくるのです。
それがとても神秘的でした。空気もマイルドだし、呼吸がしやすい。。。

kumano 86b210

ここのところ自然が足りてなかったので早速チャージ。この時本人はのびのび開放感!
だったのですが写真を改めてみると全く目がどこ見てるんだか無表情。。
本当にチャージしてる時ってもしや無なのかもしれない。。。

kumano 86b210

横田さんを迎えに行き、撮影ポイントへ。
子供も歩く場所だから大丈夫だよと言われていましたが、そういえばここにいる人たちは
皆さん健脚揃いってこと忘れてました。結果的に桂子に荷物を持って貰う始末。
綺麗とキツイの間を行ったり来たりしながらポイントに到着。

着いたー!脚がガクガクです!!
kumano 86b210

ストレッチし、準備しつつ横田さんのドローン撮影が始まる。
前回披露させていただいた天岩戸のイメージを(未来に広く開くと行ったイメージ)踊りました。

kumano 86b210
kumano 86b210

日が沈む手前まで撮影し終了。桂子は残って後数カット、撮影します。
帰り道はさらに日が沈む前に山をでないとということで急ピッチ。
もう脚が限界だったのですが、山を軽々飛んでいくカモシカのことを思い出し
カモシカのイメージで歩いたら(つま先で歩き膝は適度に曲げ前に進む時に膝を伸ばす)
楽になりました。凄いカモシカ。オススメです。

kumano 86b210

ヘトヘトで戻り、汗だくなのでお風呂に。その後ご馳走が待っていました。
撮影に行ったのですが結果的に自然に癒されて、怒られて?、地元の方に猪鍋と鹿刺し
いただいて美味しいお酒やお土産にめはり寿司なるものをいただき送っていただいて
心も体も癒された(弾丸ではあったけど)日となりました。楽しかったなあ。大感謝!

余談ですがジビエ料理なので体が温まり元気になったんですが、横田さんが

これ臭みが全くなくて美味しいですね。銃ですか?

に驚きました。仕掛けで取ると血が回ってしまって臭みになるそう。

知らなかったなあ。。。ともあれすごく大切な命を頂いている!という気持ちでしっかり
たくさん堪能いたしました。

TwitterやFacebookには載せていましたが、ブログ遅くなりました。。
OPEN MIC!ご来場くださいました皆様、そして出演、出展者の皆様有難う御座いました。
そしてお疲れ様でした!
当初桂子のみのソロ出演だったのですが、急遽私(富美恵)も参加いたしました。皆様の様子は
Art Space呼応のTwitterに載せられておりますので、是非ご覧ください。

Art Space呼応 Twitter

こちらにも少しだけ。

会場中がカラフルな、もかやワールドになってお客様を迎えました。
open mic artspacecooh mocaya

イラストレーター、ミウラアキコ。86B210とコラボのイラストで飾ってください
ました! これはLINEスタンプになります!しばしお待ちを。。。
open mic artspacecooh akiko miura

繊細な鉛筆画のChin.桂子はこの絵からインスピレーションを広げて踊りました。
open mic artspacecooh chin.

桂子Solo.
open mic artspacecooh Keiko Iguchi

富美恵Solo:この夏オークランドで修行して来たヴァーティカルダンスのパフォーマンスを
お客様の前で初披露。Music: Maia Barouh/Album KODAMA より抜粋
open mic artspacecooh 86b210 verticaldance

井上美穂+大原千裕
open mic artspacecooh mihoinoue chihiroohara

飯島豊久
open mic artspacecooh toyohisaiijima

All Photo: Stuart Beraha

また色々なジャンルがいい感じにミックスして沢山のお客様に暖かく見守られた会と
なりました!!楽しかった。。またやりましょう〜!!