2009.06.29 ある日曜日
個人的な知り合いから振り付け依頼を受けて,我がアジトにて振り付け。
汗ダックダクで頑張ってました。本番も上手く行きます様に!!

そして家にグラサン忘れてった。。。

振り付け後,慌てふためいて埼玉芸術劇場に行きました。

ベルギーの振付家、Jan Fabreの”寛容のオルギアーORGY OF TOLERANCE”を観に!!

         P2009_0629_083231.jpg

ま。相方が急に行けなくなったので私が代わりにおこぼれに預かったんですけど。
ふふ。
 
         P2009_0629_083301.jpg

資本主義社会の産み落とした(というかゴミみたいなもの、もっといえば排泄物か)ものについての考察、、、とでもいいましょうか。
こういうテーマは現代社会に生きるものとしてはある意味普遍的とまでは行かずとも,常につきまとうものかと思うのですが、そのアプローチの仕方が,それぞれの振付家で変わってくるので面白いのです。

で、今後もしかして観るであろう方もいらっしゃるかもと思うので内容については割愛いたしますが。

ヤンシュワンクマイエル等もそうですが、イメージの羅列って方法が私ダイスキで、繋がってなくても良いから、スクラップブックの様に貼付けてある(勿論テーマ帆彷彿とさせないといけませんが)コラージュが好みなので,ヤンファーブルは興味深い振付家の一人なんです。

亡くなった黒沢監督が、”良い意味で観客を裏切らなくちゃ”と、インタビューでおっしゃっていて、心に留めているんですが、まさにこれでした。

出演者も皆個性的で個人がたってる、とっても良いです。クリエイターとして参加して,ともに作り上げている感じがもの凄く濃密だけど押し付けがましくない,軽やかな空間を作り出していました。

う~~~~ん、凄いね。。。。。そして素敵です。

とっても軽くて深くて、濃密で,さらっと行ってしまった、、、、

質の高い時間を過ごせました、ありがとうございます!!!


ランキング参加中let's click★応援宜しくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログへ

2009.06.22 trippen
trippenの靴!!!
わ~~~い!!!!!!!有り難う!!!!!

         P2009_0622_201328.jpg

berlinに行った時に、そういえばこんな靴売っていた。。今頃思い出しましたけど。
面白い靴だな~と思って、お店に入った記憶が蘇りました。
勿論買えやしないんですけども、カツカツで踊って&生活してましたので。(いつもそうですが)

靴下をコンセプトに作ったシリーズだそうで、みた感じと履いた感じが全く違うのでもの凄く面白いのです。ほんとにシュポっとぴったり足を包んでくれて馴染んでくれるので、裸足で履いても靴擦れしません。そしてこの芸術的フォルム。。。。素敵。

嬉しくて履いたまま室内を走り回りました。


にほんブログ村 海外生活ブログへ

2009.06.22 edge of life
"MAN ON WIRE"鑑賞してきました。

         P2009_0622_093900.jpg

ツインタワーを綱渡りした方のドキユメンタリーです。

だいぶ前にN.Y.に一人行った時に(何故かは割愛いたしますが)、流れ流れてセサミストリートのパペット動かしてる方とお会いしまして、彼はかの有名なダコタハウスに住んでいましたのですが、彼の風貌からは全く想像できないセレブリティなお宅で、調度品とかが凄い優雅。。
で,そこから流れ流れて、彼の別荘にお邪魔する事になり、車で長旅に。
ヒッピー村にいるという彼のお友達宅(彼は元々ヒッピーだったそうです)に寄った後(ムーミン谷みたいでした)到着。

雪が積もっていて寒かった。。。

そこに来ていたゲストで”ツインタワーを渡たった有名な綱渡り師だよ”と紹介された一人の眼光鋭い男性がいました。

当時私は何となくピンとこなくて、ただ、とても緊張したのを覚えています。
口調や物腰はとても柔らかいのだけど、なんというか、、人を緊張させる何かピンと張ったものがありました。下手な事したら斬られそうというか。。。

彼は丁寧に持っていたワイヤーを見せてくれました。”結構太いんですね”とかいいながら、床においてそのうえを歩かせてもらったりしていました。

それが,この人だったと、この映画観て初めて一致しました!!!!!!驚愕。

長い年月を経て今やっと繋がりました。。。。一緒に写真撮ってもらえば良かった。。。

いや、それよりも今となっては貴重な体験が出来た事に感謝。

人ってどうなるかわからなくて面白いですね~~~。。。。

そんな事を差し引いても、もの凄く刺激を受けたとても貴重なドキュメンタリーなので、是非!!!

そういえばフランスで綱渡りの特訓を何故か受けた事がありました。大使館の文化センターの公演を観にきてくれた方がたまたまそういう方で、(未だに実際何者か知らないです)誘われて。。。サド公爵(の挿絵に)そっくりで、スパルタ方式で結構大変な思いをしました。綱渡り中、胴体にヒモつけてその端をサド公爵が持ちながら、鞭でたたくのですよ。。。
”aller!!aller!!(行け!!行け!!)”とかいわれつつ。キツい冗談ですね。
まあ、テンションをかけてそれによって安定させる為かと思われますが、相方は足を滑らせて転倒、胸の辺りを鉄の支柱に強打、それから床へ落ちる。。。みたいな冗談じゃ済まない事態に発展しました。
でもこういうとき、大丈夫です!!とか言ってしまうのですよ。。。。

素晴らしい根性なんですが、、さすがに最後の方は相方から殺意を感じました。

で、結局最後はこの長い棒を持って、6mの高さの綱渡りが出来るまでに!!!凄い!!

やれば人間何でも出来るものです。

もう二度とやりたくはありませんけども。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
2009.06.09 夜アジト
企画書を作成しながらも時々脱線。
7月にあるアートイヴェントの内容がまだ固まっていないので気になって、またそちらにシフトチェンジ。。。
真夜中であるけれど、なんだか気分転換したくてちょっとインドテイストのアンビエント等かけてみる。
         P2009_0609_013548.jpg

フランスのコンテンポラリーダンスの父と呼ばれているpeter gossの日本のワークショップの時に買ったもの。彼のパリのスタジオでは、お稽古はピアノだったりパーカッションだったり、何かしら生演奏が入るのですが、そこで演奏しているパーカッショニストのアルバムだという事で。

自分のお稽古にも流してるのですが、踊れと言わんばかりの音なので自然に身体が動きだすのです、便利。(?)

ついうっかり動き出して妄想の世界に浸ってたら夜食のパンを焦がしてしまいました。
         
         P2009_0609_013226.jpg

あーあ。。。。

ま、美味しかったので良いけど(in 胃袋)

おかげで少しだけみえた,明日になったら修正かもだけど。良しとしよう。

いい加減企画書に戻らねば。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
parisにすんでいるミュージシャンからメール。短期貸しをするとの事。
この夏、parisに行こうと計画中の方、メールしてみては如何でしょう?
というか私も行きたいです。

アパートは快適。バスタブは寝ても余る超ロングサイズ。
カップル、家族連れ、音楽家に最適。アノンスは こちら、


パリ貸しアパート
8月6日~9月5日 2P45m2 メトロPorte des Lilas(11番線)
生活用品全完備 管理人 エレ3F 浴槽 ピアノ ADSL
交買治安良 4人まで可 
全込 900ユーロ/月 250ユーロ/週
kaiuenofr@yahoo.co.jp 件名は”アパート”でお願いします。


しかし毎日湿気が凄いです,トキオ。
レッスン中にふと湿度計をみたら(あまりに暑いので)78%!!!

そしてつい先日はついに90%!!!!!!

汗だらだらのもう空気と身体の境目が無いくらいに,思考能力ゼロ、ひたすら踊るのみ。

口は金魚でした。

この感じ!

TOKIOのレッスンの気持ちいいところ。

シャワー浴びて外に出て、、、

スパイシーフード&ビールかな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ