FC2ブログ
2019.08.31 散文
※今年の3月の記事です。
書きながらもどうにも公開する気が無くてそのままにしておりました。やっと。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

全力で出し切った日々が終えてバッタリと倒れておりました。最近復活。

父が他界しました。昔はビートたけしみたいでしたが、丸くなったかなと思いきや
トンがってたままだったり、中々の人物でした。浅草の人。
いつもバトルしてるような感じがあってすごく仲がいいという感じの親子ではなかった
けれど、思った以上に応えました。踊ることも常に反対していたけれど、フランスに移動した
時にはフランスの大家さんによろしく御願いしますとこっそり手紙を送っていたり。。
(大家さんに見せてもらって知ったのでした)

祖母や祖父が亡くなった時は肉体と魂が分かれた感じがあって、”ああ、今おばあちゃんは
ここに居ないんだ”と感じたのをよく覚えています。

父の時もそうかと思っていたんですが肉体と魂が全然分かれていなくてまだ生きているよう
でどんどん冷たくなっていく体が信じられず思わずさすって温めて見たりして。

その後の怒涛の事務手続きが有無を言わさずやってきたのも応えましたが母は気丈に
こなしていました。

例えば亡くなった体が腐敗してきて乾燥して土になって、、という時間があれば自然と
腑に落ちるのだろうけど、展開が早すぎてついて行けず、火葬の時には怒りすら湧いてきて
骨の確認の時には卒倒しそうでしたけども、、、

そういったあえてのシステムも落ちすぎないためには必要なのかもしれないと思えてきました。

その時期に作品を制作するという事がとても支えになっていました。前に前に進むという
エネルギーで何とか保てたなあ。一つ自分の支えになるものを持っているのはこんなにも
いざという時に自分を助けてくれるんだと実感しました。

あんなに私が踊りを選んだ事に反対していた父でしたが彼は夢追い人です。
父の机から出てきた父自身への言葉の様なものが出てきました。
今それをPCのデスクトップでいつでも見れる様にしています。

こうなってみてどんなに桂子がフランスで耐えていたかと思うと(フランスにいる間にお父様
が倒れられたので)胸が痛い。

祖父が亡くなった時にベッドの脇で一心不乱に筆を走らせていた叔父、祖父のデスマスク
として油絵で残していた。その絵はまるで祖父がインディアンのようで何か風を感じる
とても良い絵だったことを覚えている。

父が亡くなった時(といっても皆死に目には会えなかったのだけど)思わず写真を撮った。

その後で祖父の絵のことを思い出し、どうしても叔父に描いて貰いたくて連絡をした。
叔父は今スペインで画家をしている。
ちょうど振り付け料が入った事もあり、お願いした。
叔父にしてみれば安すぎたとは思うけれど、快く引き受けてくれた。

今父は自由になったと、そして私と父はすごく不器用な形ではあったけれど愛があったんだ
と今更ながら。

Haruhito ota

永遠なんてない。生き様という言葉を父はよく使っていた。
ならうんと我がままで、やりたい事どんどん挑戦して生きたい。とこれも今更ながら。
2019.01.19 I love you so much.
サイトに日本語も入りました。ぜひチェックしてください。
86B210 Web site


私にとってとても大切な人が昨夜この世を去りました。
まるで寝ているみたいだったので信じられなかったのですが、時間がたつほどに
冷たくなっていって"ああ、亡くなったんだ"と少しづつ受け入れつつ。

でも正直まだ実感がない。

生まれてこのかた初めてくらいの勢いで頭を撫でたり頰づりしたりしました。
愛おしかった。

実感がない、と、喪失感とで今は行ったり来たり気持ちが大変だけど、相方もそうだったんだ
なあと思うとより心がきゅうっとなる。

時間が解決するんだろうけども。
86b210website

唐突ですがしばらくちょっと停滞していました86B210のサイト、新しくなりました!
今は英語バージョンのみですが、日本語バ-ジョンも制作中です、出来上がりましたら
お知らせいたしますのでぜひそちらもチェックして下さい。

86B210 Web site (English)

さて、2/14-16にお披露目いたします作品、震える空-Vibrating Skyのリハーサルで
連日びゅうびゅう(脳)のぎゅうぎゅう(身体)の日々です。
一年半ほど前より作っている作品で昨年の同じ時期に一度お披露目いたしました。

そこからまたよりしっかりした作品にすべく解体したり構築したり、新しいもの持ってきたり
しています。前回の作品もかなり練って作ったので、作品としては大好きなのですが
相方桂子と"ここがもっとこうならいいね"とか"この感覚がまだ表現しきれてないかも"
などとディスカッションを重ねてほぼ新作になってきています。

創作について何か気の利いた一言でも、、とTwitterに載せようとしましたが全く
浮かびませんでした。
この作っていることが全てで、当日の一期一会のパフォーマンスの時間が全てで、
やはりそこに同じくして居合わせてくださることが全て。

ということで、お待ちしております!
二度とない時間を共有できましたら嬉しいです。

震える空-Vibrating Sky
greeting 86b210 2019

明けましておめでとうございます。2018もお世話になりました、誠に有難うございます。
お一人お一人との出会いに、心より感謝と愛を。
本年もあなた様にとりまして幸せで健康で発見に満ちた素敵な年となります様に!

mask:Sasa Aleksandar

今年は私達にとって大きな変動の年となりそうです。全てはより良い未来の為に、
今痛みがあっても後できっと良かったと思えると、そんな風に構えています。

今年も、私達86B210をよろしくお引き立ての程、お願い申し上げます。

滞ることなくいつも風が吹いて常に前にチャレンジして行く、全身全霊だけど
こわばることなく、飄々として闊歩できたら素敵だなと思います。
そんな大人に、私はなりたい。
ずいぶん前にとあるSNSで、あまりの美しさ、物悲しさに感動してアップした
シリアのラジオ局。

インターネットラジオ シリア

久々にログインして、ああ、そういえばこんなのもアップしたなあとつらつら読んでいました
ら、これに対して友人がこんなコメントをくれていました。

"我々は情緒の何かを共有していると信じられるサウンド"

本当にその通りだと思います。
今年2月に発表した新作、"震える空-Vibrating-Sky"はまさにそこをテーマにした
作品で、しかも今さらにブラッシュアップしている最中ですのでなんだか。。。。

久々ログインして良かった。

本来は今年の10月のお披露目を目指していましたが到底間に合わず、ですのでこれは
来年の2月にブラッシュアップしたものをお見せできればと思っております。

86b210 vibrating sky 震える空

しっかりとした大きな作品にして行きたいと思ってますので、詳細決まり次第
(今諸々ミーティング中)
ここにも掲載します。是非御高覧くださいませ!

いろんなミーティングしていますが、つい最近もプレゼン資料持参で熱い想いの丈を
語っておりました、語りながら何か自分の中で整理整頓されていって、さらに夢で
舞台美術のビジュアルが出てくるというラッキーな事がありました。

すぐさまメモしました。

悶々と作品作りもいいけれど、その過程を第三者と共有するのって本当に大事だなあと
思った次第です。