FC2ブログ
2021.03.23 The Pink Room


少し前に偶然知ってみる事になったThe Pink Room.Pink Roomとは特別に処女の喪失を
味わえる場所の事らしい。

見ていただければその悍ましさを身をもって体験する事になると思うけれど、貧しさのあまり
身売りする年端もいかない子供たち、そしてその子供たちを弄ぶ大人達。

貧しくて仕事もないので手っ取り早く性を売り物にする、という問題も抱えながら、
それを打破するべく仕事を作り、選択肢を与えて自立する道を示している団体がいる。

服を作ったり、アクセサリーを作ったり。

helpthechildren

購入することで間接的に幼児虐待を防ぐ事になります。

もし子供を守りたいとお思いでしたら是非ヘルプしてあげて欲しいと思いここに
アップ致しました。

https://ouranthem.com



オカマルト+クリクリ(持続化)大冒険コンテンポラリーナイト有難うございました!
久々の方から初めましての方までてんてこ舞いを見ていただき?感謝。
白塗りにちなんだお茶請けも可愛かった。(ワタクシ白塗っておりましたので)
Bonちゃん有難うございました!

久々にマーガレットさん、ゴッホさんにもご挨拶できて良かった。

当日はコンテンポラリーエプロン装着で何でもコンテンポラリーって言えばいいと
思ってる?って感じにコンテンポラリーにおもてなし。

今後もいろんな方が入れ替わりたち変わり盛り上げるそうなので、是非気になって
るかたいらっしゃったら遊びに行ってみて下さい。

さて、何だかこのご時世になってからというもの、沢山の書類を書いたり動画編集したりと
とにかくデスクに座る機会が増えて慣れないこともあり

”んああああっ!!!!"

っとなることも多くなり気付けば人様の猫ちゃん動画に癒されたりし初めて、
猫ちゃん動画の需要と供給について身をもって知る事になるのですが。

実際に触れるモフッとしたものに癒されたい欲求が高まりついに購入してしまった
ものシリーズ第三弾。(1はクッション、2はこんなに高いぬいぐるみ初めて買ったという
もふもふのクマのようなもの)

※疲れてる時にこれやると最高

第三弾はこちら!

ugg

UGGのもふもふスリッパ。

いや〜癒される。。。仕事が捗ります。
裸足で履いてるんですけどとっても暖かいし肌触りがいいし最高。

今これ書いている今日は外がすごい横殴りの雨ですがお家の中は天国。
でも出かけないといけないので隙間を狙いつつ。明日の準備をします。

2021.03.12 3.11
ふと思い立って以前住んでいたエリアに(近所ですけど)。
明治23年創業の中屋さんで美味しいお蕎麦を食べたあと、プラプラと散歩。

3.11の震災の時に住んでいた場所はもうなくなっていてお洒落なコンクリートのマンション
になっていた。あの時、古い木造だってこともあり捻れながら揺れている様子でもう崩壊
するかと思ったのに怖くて動けなかったこと、TVをつけた途端に津波の映像が間近に入ってきて
何もしてあげられないのに早く逃げてーとか助かってとか祈り続けたこと、やっと外に
出られたと思いきや、近所の方が

「下のおばあちゃん見てきて〜!」

と叫んで相方桂子が真っ先に飛び込んでいったこと。
(大家さんが一階に住むおばあちゃんだったのです)

桂子とおばあちゃんが外に出てきて開口一番

「こんな大きい地震は関東大震災以来だよ!!」(彼女は大正生まれ!!)
と言ってこれ持っていきなさいとジュースくれた事。

近所の人がラジオを大音量にしてドアを開け放ってみんなに聞けるようにしてくれた事。

避難所の小学校に行く道すがらのブロック塀が崩れているからこの道は行かない方がいい
と大声で教えてくれた事。

とにかく近所の助けが素晴らしく心強くみんな支え合っていた事。

これがあったから、みんなが集まれて心豊かになる場所をこの地に作って恩返ししたい
と思った事。

そして四谷三丁目に Art Space呼応 ができた事。

そんな事を思い出しました。

すごく大好きな街。


IMG_7740.jpg

すっかり建物がなくなってお洒落なマンションになっています。

IMG_7739.jpg

でも足元などはかつてのままの場所があり懐かしい気持ち。

IMG_7741.jpg

よく通っていた銭湯、越の湯。今はアトリエになっているみたいです。

86b210
photo:Stuart Beraha
Iichikoホールホワイエ 宇治山哲平にみるやまとごころ 世界に一つだけのダンスより

生きる鼓動をキラキラとさせながら全ての方が過ごしていけますように。
勿論86B210もそんな2021としていきます。
本年もご指導ご鞭撻叱咤激励のほど宜しくお願い申し上げます。

Happy and healthy and peaceful 2021!!


いつもとまた違った時間軸で過ごしているような感覚。
残務処理などしながらもゆっくりとできた年末年始でした。
いつもならアメリカに行って寒空の中ヒノキヲ氏とパフォーマンスしてるのですが
今年はのんびりと日本で過ごしました。相方桂子も合流して。

基本太陽を散々浴びて光合成してました。2020よくやった自分!って感じで基本甘やかし
つつ。食べる→温泉→寝る→のループ。

86b210

陶芸家の斎藤十郎さんのアトリエに伺って直接器を買い求めたりお話も出来て
ますます愛着が湧いてきたり。登窯見せて頂いたり。ヨガしたり素敵なカフェで
美味しい珈琲飲みつつ本読んで、マスターとお話ししたり。

86b210

なんだか急に絵が描きたくなってスケッチして見たり、タコのオブジェ作ってウェルカム
ボード(タコだけど)のようにして見たり。写真撮って見たり。

86b210

この頭部分に穴が開いているので文字を入れた旗を刺せるようになっております。

86b210

満月やら霰の中でお風呂に入ったり語ったり笑ったり真剣になったり

86b210

今年も伸び伸び、できること探しながら生き生き過ごして参りましょう。




2019.08.31 散文
※今年の3月の記事です。
書きながらもどうにも公開する気が無くてそのままにしておりました。やっと。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

全力で出し切った日々が終えてバッタリと倒れておりました。最近復活。

父が他界しました。昔はビートたけしみたいでしたが、丸くなったかなと思いきや
トンがってたままだったり、中々の人物でした。浅草の人。
いつもバトルしてるような感じがあってすごく仲がいいという感じの親子ではなかった
けれど、思った以上に応えました。踊ることも常に反対していたけれど、フランスに移動した
時にはフランスの大家さんによろしく御願いしますとこっそり手紙を送っていたり。。
(大家さんに見せてもらって知ったのでした)

祖母や祖父が亡くなった時は肉体と魂が分かれた感じがあって、”ああ、今おばあちゃんは
ここに居ないんだ”と感じたのをよく覚えています。

父の時もそうかと思っていたんですが肉体と魂が全然分かれていなくてまだ生きているよう
でどんどん冷たくなっていく体が信じられず思わずさすって温めて見たりして。

その後の怒涛の事務手続きが有無を言わさずやってきたのも応えましたが母は気丈に
こなしていました。

例えば亡くなった体が腐敗してきて乾燥して土になって、、という時間があれば自然と
腑に落ちるのだろうけど、展開が早すぎてついて行けず、火葬の時には怒りすら湧いてきて
骨の確認の時には卒倒しそうでしたけども、、、

そういったあえてのシステムも落ちすぎないためには必要なのかもしれないと思えてきました。

その時期に作品を制作するという事がとても支えになっていました。前に前に進むという
エネルギーで何とか保てたなあ。一つ自分の支えになるものを持っているのはこんなにも
いざという時に自分を助けてくれるんだと実感しました。

あんなに私が踊りを選んだ事に反対していた父でしたが彼は夢追い人です。
父の机から出てきた父自身への言葉の様なものが出てきました。
今それをPCのデスクトップでいつでも見れる様にしています。

こうなってみてどんなに桂子がフランスで耐えていたかと思うと(フランスにいる間にお父様
が倒れられたので)胸が痛い。

祖父が亡くなった時にベッドの脇で一心不乱に筆を走らせていた叔父、祖父のデスマスク
として油絵で残していた。その絵はまるで祖父がインディアンのようで何か風を感じる
とても良い絵だったことを覚えている。

父が亡くなった時(といっても皆死に目には会えなかったのだけど)思わず写真を撮った。

その後で祖父の絵のことを思い出し、どうしても叔父に描いて貰いたくて連絡をした。
叔父は今スペインで画家をしている。
ちょうど振り付け料が入った事もあり、お願いした。
叔父にしてみれば安すぎたとは思うけれど、快く引き受けてくれた。

今父は自由になったと、そして私と父はすごく不器用な形ではあったけれど愛があったんだ
と今更ながら。

Haruhito ota

永遠なんてない。生き様という言葉を父はよく使っていた。
ならうんと我がままで、やりたい事どんどん挑戦して生きたい。とこれも今更ながら。