散文です。

8/4に開催する赤い部屋、インスピレーションは江戸川乱歩からなのですが。

江戸川乱歩の世界はべったりしていて陰鬱で、エンターティメントの世界で詐欺師か
マジシャンかと思うような部分もあるのだけど、頭に強烈に映像が焼き付いてなかなか
離れなかったりする。

もちろんその映像は自分の頭で作り出すものなので、100人居たら100通りのイメージがある。

最近よく思うことといえばSNSの普及に伴って体験することや感じることが薄れてきている
気がする。その場に行って、人と会って、舞台や音楽を聞いたり、本を読んだり、恋したり
悲しんだり、苦しかったりそこから抜け出たり。

などということがたくさんたくさん積もって行って、自分というものを形成していく。

誰かの作品や記事に”なるほど”と共感することがあっても、それはその人の意見であり
自分のものではない。周りの環境は変化するものであって、そこに重きをおくと
自分を見失う結果に繋がる。

自分を掘り下げて、向き合ったことのある人はクリエイトすることができる。

クリエイトっていうのは自分の人生を創造すること、Artの語源はラテン語のArs,だそうで、
これは自然の配置、技術、才能、資格、などという意味があるそうだけどこれはよくよく
考えると”あるところにあるべくしてある”ということなのかなと。

例えば自然や宇宙の摂理、なぜ生き死にがあるのか、自分は何者か、のようなごく普通に
生活してるけれども、実はものすごいことをやってのけて居て、その一つ一つの神業が
積もり積もって、もしくは互いに影響しあってバランスが取れている。

実は一人一人、人間ってものすごい存在だってことに早く気づいてもう少し今よりも自分に
向き合う丁寧な時間が取れたなら、進むべき方向が見えてきて自分の人生をクリエイトして
いく、本来のArtの意味になっていくのではないかな。

などと。

話が大きくなってまた小さな視点に戻りますが。

8/4(金)の赤い部屋が秘密めいたコンセプトなのは、なんでも見える世の中の密かな抵抗
であると同時にそんな創造の時間を少しでも持っていただきたいという思いからでも
あるのです。

赤い部屋〜Floating Women


2017.01.02 HAVE A GREAT 2017!!
happy new year card 86b210



We wish your happy happy 2017!

明けましておめでとうございます。
昨年中も沢山の出会い、ご縁に感謝いたします。有難うございました。
今年も羽ばたけますよう精進して参ります。どうぞ今後共応援のほどよろしく
お願いいたします、また、同時に叱咤激励、ご指導ご鞭撻のほどよろしく
お願い申し上げます。

地球上の生きとし生けるもの全てにとりまして幸多き一年となりますように。
あなた様のご多幸とご健勝を心よりお祈り申し上げます。

-86B210
2016.10.15 もろもろもろ
自然ってすごい浄化作用があるなあと思う今日この頃。

目にする色鮮やかな色だったりデザインだったり、決まっているようでひとつとして
同じものがなく、個々なんだけど気持ち良く共存している。

呼応しているといったほうがいいかな、最近バタフライ効果という話を友人と
していて、それは例えば私が手をすっと動かしたらそれが全てに共鳴して最終的に
どこかで嵐になるかもしれないとか、そんな話だったけど。

呼応するというのは5年前に二期倶楽部のアーティストインレジデンスに参加
した時に体で体験した感じだったので、なんとなくありだなあと思ったのです。

ところで今回相方の誕生日はお互いに”旅”を贈る、ということにしているのだけど
海が見たいということで座間味に行ってきた。

沖縄に住む友人レコメンドでどっぷり自然に浸かって来ようといったわけなのだけど

”海に入る”

ってことしか頭になくて、現地で知り合った方たちに教えてもらった情報を頼りに
シュノーケリングしたり海亀を見たり満天の星の下で寝てみたりヤドカリに威嚇
されてみたり。。。と思いの外忙しくなってしまった旅でしたが。

そこで私がンンン!!これは!!!!

っとわかったのが。

”暗闇”

宿から港までは自転車で移動するのですが、晩御飯を食べようと港に行くにも
全く街灯がないので本当に真っ暗。
いつもなら真っ暗だとなんだか怖いような感覚になるんですが。

包まれてるような安心感がありました。
脳の中がスイッチオフになって急に柔らかくなるような感覚。

目が慣れてくると見えなかった星のつぶつぶがさらにたくさん見えてきて地球
とか宇宙とかなんか大きなものを感じられて、あー!仲間だ!みたいな。
大きな脈々と続く何かの中にいて私も呼応してるんだなという一体感というのか。

すみません散文です。

最近友人の家に遊びに行った時、ごく自然に生命の生き死にを常に感じている子供達
の、まっすぐなおもてなしとか、空想の動物の話とか、死んだ虫を見つけてかわいそう
だから神様にしてあげた、って話とか。(この神様は祭壇がちゃんとあって、祀られて
いました。スゴイカラフルで楽しい祭壇。)

何が言いたいのかというと”人間”に立ち返るには自然が絶対不可欠で、”自然”が
なくなって行くということは人間もなくなるということだよね、って当たり前だけど
都会のデジタル音や液晶モニターやらに囲まれてると思いの外、疲労してることに
気づかないものだ。

動物としての本能のパワーがピコンピコンと赤く点滅してる。

関宿の桶職人さんの”四季折々の花を枯れるところもすべて含めて楽しんで季節ってこ
と。だからそうやって花を飾って。都会でも出来ることでしょう?”

とか。


そんな諸々が通り過ぎた二人の身体で織りなす”旅”の時間帯となりますよう。


10/21(金)空間実験室 LABO
偶数月第3金曜日に86B210、空間実験室、アバンガルドの夜"LABO"
激しい種が産まれるか、静寂か、どうぞお立ち会い下さい。
終演後はサロンになります。
 
Our next performance "LABO" are held on the third Friday of even numberd month.
It is laboratory of movement.
The next "LABO" are 21th,October,Friday.
If you stay in tokyo, please come to our performance!
We looking forward to meet you.
-86B210

10/21(金/Fri)
開場/Door Open 19:30. 開演/Performance Start 20:00
2500yen,(1ドリンク付き/Inc,1 drink)
ご予約/Reservation
86b210★gmail.com ★→@
会場/Venue

Art Space呼応 
新宿区四谷3-6-9結城ビル地下一階 
B1F,Yuuki bldg,3-6-9 Yotsuya,Shinjuku,Tokyo

86b210

明けましておめでとうございます。昨年中は沢山の新しい経験や出会いがあり感謝の気持ちで
いっぱいです。誠にお世話になりました、有り難うございました。

今年も精進して参ります。
至らぬ所、多々あるかとは思いますが、どうぞ今後ともご指導、ご鞭撻、叱咤、激励、のほど、宜しくお願い申し上げます。

皆様のご多幸をお祈り申し上げます。Happyな2016年となりますように。

Happy New Year!! We wish your happy happy 2016!!

2016 元旦
86B210
8/5,国内外で精力的に活躍されていた舞踏家の室伏鴻さんのお別れの会が有り相方共々
行ってきた。直接の知り合いという訳ではなかったが、憧れの存在でした。

相方は2年ほど前に室伏さんの舞台を拝見して一目惚れして帰ってきて、私に熱っぽく
”私が目指しているのはこれだ!”と語っていました。私はといえばウィーンのIN PLUS TANZ
に毎回と言っていいほど名前が載っているので、とっても気にはなっておりましたが一度も
その舞台を拝見した事がなかったので、相方共々”ワークショップに行ってみよう!”
と盛り上がっておりました。

写真家の池上直哉さんの大野一雄さんの写真の個展されたとき、縁あって個展会場で
踊らせていただいたのですが、その打ち上げで関係者の方達とお話しさせていただいているとき、
丁度室伏さんの話題がでました。相方が”一目惚れした”という事を伝えると、
”よく飲んでるから今度一緒に飲みましょう”と言って下さり、それだけで二人とも
舞い上がっていました。

鋼のような肉体を持つ精神の塊、みたいな印象で、憧れの存在でした。相反するものが
同居しているようで、とても魅力を感じていました。

お別れの会は本当に丁寧なもので、暖かく、優しさあふれる会でした。本当に愛されている人
なんだという事がよく伝わってきて、私も相方も涙止まらずでした。

久しぶりに首くくり栲象さんにお会いして少しお話しさせていただきましたが、”彼の人徳”と
いっておられてとてもチャーミングな方だったのだという事が伝わりまたグッときてしまいました。

2010年に大野一雄さんが亡くなって、お別れにお会いしたときにも思いましたが、この志
を引き継いでひたむきに追い求めて行く事しかない、そしてひたむきに追い求めてやりきった
人のなんて美しい事なんだろうと。

P1000614_convert_20150806154845.jpg
P1000615_convert_20150806155020.jpg
P1000617_convert_20150806154559.jpg

亡くなってなおギフトを置いて行って下さる、素晴らしい生き様をみせてくださって本当に
有り難うございます。ご冥福をお祈り申し上げます。

P1000612_convert_20150806154727.jpg

仲間の方達でこの上なく美しい本をつくられて、配って下さいました。
自分だけで持っておくのはもったいない気がするほどです。共有したいという思いが
強いので、Art Space呼応に置いておきます。ご自由にお手に取ってご覧下さい。

会いたいと思った人にはすぐに会いに行こうと思います。