写真を頂きましたので、数枚アップ。重ね重ね有難うございました!

86b210 labo masami sakaide artspacecooh
86b210 labo masami sakaide artspacecooh
86b210 labo masami sakaide artspacecooh
86b210 labo masami sakaide artspacecooh
86b210 labo masami sakaide artspacecooh
86b210 labo masami sakaide artspacecooh

On 20th,April,”LABO”
[Performar]
Masami Sakaide(Hikashu/ bass guitar, sound design)
86B210(Keiko Iguchi/Fumie Suzuki)
[Lighting/Sound]
Takaki Shinmura
[Video]
Nike
[Photo]
Stuart Beraha
[Staff]
Michiyo Seki
Taeko Yamada

重ねてきた色々を胸にまた走り出しています。
空間実験室LABO,次回は6/15(金)です。是非またお越し頂ければ嬉しいです。
ご来場くださいましたお客様誠に有難う御座いました!そしてスタッフの皆様お疲れ様でした。
心より感謝!申し上げます。

坂出雅海 ヒカシュー 86B210 LABO Artspace呼応
Fhoto:Akiko Miura

スッキリやりきった感満載の写真。。坂出マジックで素晴らしく踊らせていただきました。
思えば私たちかねてよりやって見たかったこと(とはいえだいぶいろんな方がやってる手法)
を坂出さんアトリエで話しして以来、坂出さんがあれこれと昔の道具を引っ張り出して来てくれて
30年くらい前にやってたことを思い出してハンダ付けしながら作ってくださったり。

坂出雅海 ヒカシュー 86B210 LABO Artspace呼応

引き出しが多すぎて選択肢に迷うくらいでした。流石です。
音の話ししたらきっとずっと語り続けているのではないかと思うほどの情報量。。。

坂出雅海 ヒカシュー 86B210 LABO Artspace呼応 ヒカシュー 86B210 LABO Artspace呼応

ものすごい量の機材を呼応に持ち込みひたすらセットセットセット。。。。
で、本当に実験的な空間となりました。光センサーやマイクに囲まれてやって見たかったことが
実現できた!有難う御座イマス!!!

お客様の中には30年前にヒカシューが好きでよく見に行ってたって方がいらして、
メジャー路線になってから行かれなくなってしまったみたいですが、

”今日久しぶりに来て、やはり根底にはこういうアヴァンガルドな血が脈々と残っているんだと
久しぶりに来て本当に嬉しかった!"

と行ってくださったり、"子供に見せたい!"など再演してほしいという声が多かったので
坂出さんのスケジュール空いてたら是非またお披露目できたらと思います。

坂出さんは次の日福岡でライブで朝早く旅立ってゆかれました。

次回のLABOは、6/15(金)です。また呼応でお会い出来ますこと楽しみにしております!



4/20(金)空間実験室LABO
[出演]
坂出雅海(ヒカシュー/ bass guitar, sound design)
86B210(井口桂子/鈴木富美恵)
[照明音響]
新村貴樹
[撮影 ビデオ]
Nike
[撮影 写真]
Stuart Beraha
[スタッフ]
Michiyo
Taeko



無事終了いたしました。ご来場くださいました皆様並びに出演者、スタッフの皆様
誠に有難うございました!&お疲れ様でした。
アンデパンダンは普段86Bでやらないようなことを実験的にできるのでとても楽しいです。
と言いながらも同じ人間なので、ここから次の作品アイデアに繋がったりしています。

Mac'O という架空のキャラクターで(今回で二回め)参戦いたしました。
大手ハンバーガーチェーンから着想を得たものなのですが、
そんなMac'O はどんな人物かというと

いつもお腹が空いている
でも本当には空いてない
刹那的で快楽主義
ピンクスライムミートに恋している
なんなら殺されてもいいと思っている
悪いと知りながら離れられない
そんな彼に身も心も捧げている
でも実はそこまで惚れているわけでなく
そんな破壊的な自分が欲しいだけである
Mac'O は人間ではない

86b210 mac'o macdonald pinkslimemeat independentfestival punk
Photo/大洞博靖

ちょっと思うところあり。
これまた音音量やら光量などリベンジして、もう一回お披露目したいと思っています。

いよいよ今月2/16,17と、私どもの新作”震える空ーVibrating Sky”を発表いたします。
あああ、正直言えば吐きそう。そしてそれと同じくらいどこまでいけるかチャレンジを楽しむ?
両方の自分がいます。制作日誌的にかけるほどの余裕がないので久しぶりの投稿です。

86B210hyoushi.png

ずっと気になっていた色んなことが、例えばダンスであったり、今までの作品であったり、
生きることであったり、知り合った人であったり、趣味嗜好であったり、
自分達も行なっているヨガやヨガ哲学であったり、相方の合気道であったり、、、、、、
ぱっと見るとバラバラに見えることが(自分達にとっては繋がっているのですが)もっと明確に
一つのところにまとまっていく感じがして、それを作品にしよう!と思い立ったのが去年。

86b210 winter snow

普遍的な壮大なテーマでしたのでどこにフォーカスして、どうやって視覚に落とし込んだら
いいのか、ミーティングを重ね、資料を集め、勉強会に行き、リハーサルをし、、、
を繰り返しています。

86b210 winter snow vibrating sky

個人的にレクチャーしてくださるご縁をいただいたので宇宙のお話を聞かせていただいたり
しながら、松の木の皮が剥がれ落ちて周りの雪景色とは対比的に真っ赤な木の肌を見せて
いてものすごい生命力を感じたり。

86b210 winter nicolatesla vibrating sky

どんな風に、と試行錯誤して,結局は自分達の体を通して産み出していくものなのですが
きっと最後まで七転八倒しながらやっていくと思います。
そうそう、衣装第一弾が失敗に終わり、今また新たに試行錯誤中です。ショックでした
けど今切り替わって進んでます。やっては、探し、やっては、探し。

86b210 vibrating sky art space cooh

始まったばかりのプロジェクトですが、大きく育てるべく活動してまいりますので
どうぞ応援してください、そして是非ご高覧くださいませ。

86b210 2018 new creation 新作 公演


ダンスアヴァンガルドデュオ86B210 新作公演

Vibrating Sky-震える空

糸、光、夜、月、点、素、闇、朝、波 
聞こえるだろうか、私の声が。
意味なく、でもしっかりと繋がっている肌触り,抱かれている安心感を感じているだろうか。
あなたの声で私は覚醒し、生命力がほとばしる。
その泉をすくって喉を潤すあなたがいる。
喜びの歌が響く。共鳴する。


-あなたが宇宙の秘密を見つけたいのであれば、エネルギー、周波数、振動の観点から考えてみてください。
ニコラテスラ


2018
2/16(金) 20:00 開演
2/17(土) 15:00 開演

前売り 3000円(1ドリンク付き)
当日  3500円(1ドリンク付き)

ご予約/Reservation 86b210@gmail.com

Dancer
井口桂子 Keiko Iguchi/鈴木富美恵 Fumie Suzuki

テキスト/演出/振り付け
Text/Staging/Chore
鈴木富美恵 Fumie Suzuki

照明/音響
新村貴樹

Supported by
Art Space呼応Co-oh
Taro Kotera


会場:Art Space呼応Co-oh
新宿区四谷3-6-9結城ビル地下一階
B1F,Yuuki building,3-6-9,Yotsuya,Shinjuku-ku,Tokyo

86B210 WEBSITE
http://www.geocities.jp/dance86b210/main.html



お足元の悪い中、たくさんの皆様にお集まり頂きまして有難うございました。
心より御礼申し上げます。スタッフの皆様も有難うございました、そしてお疲れ様でした。

Thank you for coming despite the bad weather!Love!

86b210 labo chihiro oowada tokyo art performance
86b210 labo chihiro oowada Tokyo art performance

女性としてのいくつかのアイコンと、そして情熱的だったりヒステリックだったり優しかったり
冷たかったり翻弄される(もしくはしてる)様子を巻き込みながら進んで行き続ける、
というようなイメージを三人が共有し、空間を作り上げました。
どうしてもやりたかった事もうまく出来て、改良の余地はあるものの新たな発見がありました。

海の波のようにも見えたようです。

様々な感想をそれぞれのお客様からいただき、私たちもそう見えたか!と逆に気づかせて貰える
ので、終演後のお客様とのお話はとても興味深いのです。
大和田千弘の情熱的な演奏と、初めて共演することができ感謝、またご一緒できたらなあと
思っています。

吉原炎上とかベロニカは死ぬことにしたを思い出したという大和田さんのお話を受けて
ものすごく逆に腑に落ちた。

このシリーズ一回じゃ勿体ないからもっとやるべきとのご意見もいただいたので更に
ブラッシュアップしてお目にかかれたらと思います。
その時はまたこちらでお知らせいたしますので是非いらしてください。

同じ時間を共有してくださった皆様、行けないけど頑張ってメールくださった皆様も
本当に有難うございました。

次回のLABOは12/15(金)です。その時までまた課題を胸に走り出します。

また一つ、大事な種が産み落とされた。