FC2ブログ
BANDALOOP Summer Intensive,セッション2も全て終了。
初めの一週間と違いなんだかあっという間の出来事だった。あんなに怖かった自転車通学?
もだいぶ慣れていきました。。。

今はとにかく感謝です。ありがとうございます!!

もう、呼応に着くなりただいまーーーー!!って感じで壁抱きしめたりしてます。今は相方
桂子が今度は修行に出かけているので留守の間守ってくれた桂子に変わって私(富美恵)が全て
のクラスを担当させていただきます。

Showing二日前に壁に激突して悶絶して見たり抜けてるとこもありましたが何とか終了。

86B210

[Showing] Wall Dance Duo with Chelsea.
86B210

[Showing] Wall Dance Duo with Bianka.
86B210

Showing] Wall Dance Duo with Simone.(BABDALOOPの”トラベラー”というレパートリーから)
86B210

動画はこちらにアップしています。86B210 Instagram

Session2にもなると、”ああ、もっとこここうしたかったな”とか”ここが弱いんだよね”
などと言う、"もっとこうしたい"欲が出てきて、うん、いい傾向だなあと我ながらこの短時間の
メンタルの変わりようが面白い。

いい出会いだったし、いい縁だったし、また世界が広がって楽しい。
世界とか人間って凄い、し、美しいと思わずにはいられない。ホント。

余談だけど、このW.S.受ける前は膝の調子が良くなくて結構丁寧にリハビリして行きまして、
実際大丈夫かなーと心配してましたが、むしろ膝の調子良くなってすごくいい感じ。吃驚!!!
そして帰国して毎回億劫なのは重たいスーツケースを四階まで運ぶ事。
(エレベーターないんです)
何だけど一階から四階まで一気に持っていけた自分にも驚き!いつもは2階で一旦休憩する
んだけど。。。

腕と足と腰筋肉付いてすごく強くなってる!嬉しいおまけがついてきました。
ロッククライミングやろうかなあ??


最後にお世話になった宿泊先のスタジオの外壁、
86B210

と、よく見かけた雲のぬいぐるみ。サンフランシスコはいつも霧や雲が”ぶを〜”っと湧いてきます。
別名Fog City というらしいです。
86B210


帰国後はこちらです。ぜひお越しください。

8/31(金)
19:30 Open
20:00 Start

2500yen (Inc, 1drink)

[出演]
gloptin
86B210
[音響/照明]
新村貴樹

Art Space呼応
新宿区四谷3-6-9結城ビル地下一階
WEB SITE

ご予約
86b210★gmail.com →★をアットマークに変えてください。

空間実験室LABOで生まれた種を育てる、その先へ、のシリーズ。LABO+。
神★社。 詳細は以下ご覧ください。
LABO+
大事な方が亡くなった。

まだ信じられない。お葬式はパリ、とても行きたいけれど伺えないので 彼女の写真と
一緒に言葉を添えてお送りしようと、私も桂子も写真を探す。

けど、みんなで楽しくディナーして酔っ払ってブレブレの写真。

いつもパリに行けばお会いできると信じて疑っていなかった。

必ずパフォーマンスは見に来てくださり、とてもモチベーション上がる一言をいつも
下さる。その度に、ああ、彼女が言ってくれるんなら大丈夫だ、良かった。。。
なんて思って、また自信に繋がって次の一歩を踏み出せる、そんな希望の星。

IMG_7987_convert_20170621164657.jpg

パリのレジデンスでのパフォーマンス、頂いたバラ嬉しくて枯れてもずっと部屋に飾ってた。
まだ信じられない。

けれど。

たくさんの愛を有難うございました。私たちその愛に応えられたでしょうか、貰ってばかり
だったような気がします。すみこさんに頂いた勇気や愛や力を、今後の活動で他の人たちに
少しでも分け与えられますように。

まだ実感ないけど。。

いつも想っています。


86B210
鈴木富美恵
井口桂子
2013.01.14 ★Happy 2013★
86B210

雪が降りました、もう寒中見舞いですね。
昨年中も沢山のお力を有り難うございました!どうぞ今年もご指導ご鞭撻のほど、
宜しくお願い申し上げます。

何よりも皆様にとりまして最高にハッピーな一年となりますようにお祈り申し上げます★

-86B210
いよいよ会場いり、スイスとドイツの国境近い静かで素敵な場所でした。

   IMG_4536_convert_20121004044201.jpg

馬車に乗ったり、

    IMG_4514_convert_20121004044130.jpg

今回お世話になったお宅、素敵な山小屋と何とも言えない素朴な庭。

おおらかな人柄に包まれながらのWSは、私自身とても楽しく、勉強になりました!!
このスタジオを提供して下さったSTROMWERK,企画して下さったVerena,Miri,ヘルプして
くれたEsther,Kai,きてくださった皆様に沢山の愛と感謝をこめて!!

    ピクチャ+1_convert_20121015194355
    ピクチャ+23_convert_20121015194436
    ピクチャ+39_convert_20121015194523

楽しんで下さったようでホッとしました,この後のワイン凄い美味しかったです。
また来年お会いしましょう,See you next time!!!Love. Fumie.



    IMG_4368_convert_20121004042944.jpg

電車の乗り換えがあったらしく、フランス語とドイツ語とイタリア語のみの
アナウンスだった為に聞き取れず行き過ぎてしまった模様、、、
途中下車して50分待ち。

寒いのとテンション下がるのであえて写真撮りで遊んだりして。(写ってない。。)

ヒヤヒヤしましたが何とか搭乗に間に合い、一路マドリッドへ!!!

伯父は画家なんですが、ゴヤやベラスケスも賞をとったと言う由緒ある
"スペイン王立アカデミーサンフェルナンド絵画賞展"において四度も受賞している
(外国人初)伯父に会いに行く為でした。

あまり、というか初めて書きますけども。

私子供の頃からこの伯父が大好きでして、宇宙人の血が流れてると思ってたんですね。
自分がダンスの道を進もうかどうか悩んでる時も相談したり。
    
    IMG_4418_convert_20121004043407.jpg

モトクロスのレーサーから画家って大分変わってますけど、良くボロボロのJeep
にのせてもらって恐ろしい運転してもらったりしてましたし、美大時代には
"腹減った。。。"
って玄関に倒れ込んでたり。してましたが。。。

スペイン王立ロイヤルアカデミーサンフェルナンド絵画賞受賞画家
17世紀 VERAZQUEZ ベラスケス MURILLO ムリージョ RIVERA リベラ
18世紀 GOYA ゴヤ

近代 PICASO ピカソ SOROLLA ソロージャ  DALI ダリと共に、日本人HARUHITO OTA
の名が受賞者として記述されている。
(PICASO 青の時代代表作は、現代 REINA SOFIA レイナ ソフィア芸術センターに展示されている) -引用

らしく、なんかこう、、、姪の私が言うのも変ですが。。。大きくなったな〜というか、
もの凄い感慨深いものがあります。

    IMG_4426_convert_20121004043544.jpg

そんな伯父の非常に面白くまた細やかで、鋭い洞察力で、プラド美術館で解説して
貰ったり、絵画の決まり事から映画の演出迄幅広く非常に為になる勉強をさせてもらい。

有名なベラスケスの"ラス・メニーナス(宮廷の侍女たち)"
ココに隠された彼のメッセージ、それは果てしなく続く権力争いへの諸行無常を表しているとか。。
そこに隠された様々なメッセージを読み解く作業は、私の中でチェコアニメの抑圧された
時代への抵抗にも、"1984"にも繋がって、自分の作品作りの核となるテーマにも似ていることもあり、やはり、世の中というものは同じ事を繰り返してるのだな、、、
という気持ちになりました。

そして芸術とは何だという根本的な所迄、ゴヤの人生と作品の中から読み取ったり。
とにかく濃すぎて最後には頭いっぱいすぎて私のろれつが怪しくなるほど。

    IMG_4398_convert_20121004043225.jpg

そして料理の得意な伯父から海老の天婦羅と

    IMG_4414_convert_20121004043313.jpg

スペインの家庭の味ガスパチョの作り方を伝授してもらい(乗っかってる緑は青のりです)

    IMG_4417_convert_20121004043503.jpg

伯父の新たなるプロジェクト、そうきたか!って内容でしたが、それについての
意見交換と、応援と。

しかしいつもいつも新しいアイデアを考えてる、楽しい。

叔父の家で手塚治の"ガラスの地球を救え"を読みふけりながら、気がついた事が。

それは、自分の中でもの凄いギャラクシー熱があって、とにかく爪を銀河系にして
"心に太陽を、指先にギャラクシーを"等と、相方がもの凄いいやがってたけど
やっていたのですが、あれはきっと、絶対的なもの、大きな自然のなかの塵にも満たない
自分の(生きる)瞬間を感じたかったのかなと。

産まれては死ぬ、そのサイクルの気の遠くなる様な繰り返しの歴史の中での自分、
その間に大きな自然現象が来るとしてもしかたないのだ、時期なのだ、と、受け入れようとしている、それくらいやっぱり地震の心配が大きいって言う事でもあるんだけど。

宇宙と繋がってる、

ということでの連帯感?運命共同体みたいな。

その安心感が欲しかったんだな、

そう思いました。