FC2ブログ
江戸川乱歩
江戸川乱歩

約一年半ぶりに江戸川乱歩の"赤い部屋"からインスパイアされたサロン、
赤い部屋〜Floating Womenを開催いたします。
怪しくも美しい一夜限りの世界が四谷三丁目の地下空間に姿を表します。

この企画を初めてする時に江戸川乱歩の家に行ってきました。
どんな書斎であの奇天烈な作品を生み出していたのか見てみたかったので。
洋風の素敵なお宅でしたが書斎は蔵を改造したもの。
牢獄の様な印象でした。本が沢山あって、階段と石造りの蔵。

ここで妄想の羽を羽ばたかせていたのだと思うとなかなかです。池袋にありますので
興味ある方は行ってみられると良いかも。

乱歩が愛したお菓子も老舗和菓子屋さんが続けてらっしゃいます。

乱歩らしく、全てを逐一お知らせしないスタイルでぜひお客様にも妄想の羽を羽ばたかせ
ながらきていただきたい思いから必要最小限の情報しかサイトには載せておりません。

なんでも見える世の中への密かな抵抗です。

是非この一夜限りのサロンにお越しください。

ご予約はこちら
https://ranporoom.jimdo.com
赤い部屋〜Floating Women、あと一週間と言うところに来ました。
本来はもっと早くにこういうものを作るのでしょうけれどもなんだか突き動かされる様に
イメージ映像を撮ってみました。



赤い部屋は数回行っているのですが、その中で乱歩の鏡地獄をテーマにしたときが
一度だけあって、その時に製作したマスクを使用してみました。

何かにとらわれている時って見えている様で見えていない状態だと思うのです。
それは欲望であってもなんでもそうだと思うのです。

キラキラしていて魅力的だけれどキラキラしたガラス細工に視界や言葉を飾り立てられすぎて
わかっている様でわかっていない、溺れてしまっている状態なんではないかと。

でも本人からしたら他者は関係なく自分の世界にどっぷりとハマっている状態は言いようのない
幸福感に包まれているかもしれない。

そう言う瞬間って何にでもあるなと思うのです。欲望と名のつく物全て。
他者から見れば破滅でも、本人からすれば魂が打ち震えるほどの幸福の瞬間かもしれないと。

赤い部屋〜Floating Women へのドアの鍵はこちらから。

今年も熊野へ舞を納めに参ります。神様が住んでいるなあと思わせるすごく不思議な場所。
でも怖い感じでなくて優しいんです。
桂子と共に11/4。準備を進めています。どなたでもご覧いただけます。
詳細はWebsiteでご覧ください。

https://86b210.com/up-coming

写真は報道カメラマンの横井さんに撮っていただいた 楯ヶ崎での映像。

自然が濃くて元気になれる場所なので本当に不思議です。と、都会にいるから思うけど
ごく当たり前な事なのかも。自分も自然の一部だし。
人工物に囲まれて生きも死にもしないものを毎日見ていたら生き死にする自分が
異質に思えて苦しくなってきてしまうかも。
死を受け入れられなくて過剰に今に止まり続けようとしたり。とか。

なのでたまに自然の中にドボンと浸かるのは人間という動物として自然にリセットするために
必要な行為だなと感じています。

なので

是非!

86b210 kumano tategasaki

labo 86b210 atsuhiroito artspacecooh呼応 伊東篤宏 optron

空が高くなりすっかり秋だなあと少し寂しくなってみたりの私(Fumie)ですが過ごしやすく
はなりました。
次回のLABOはかねてよりずっとご一緒したいと思っていました!伊東篤宏氏とともに
空間を痺れさせます。蛍光灯で自作したOptronを使いパフォーマンスされていてつい
最近のダンストラックというイヴェントを拝見し、やはりやってみたいという思いが強くなり
快諾していただきました!是非是非同じ時間を共有していただけたらと思います。


伊東篤宏
1965年生まれ。美術家、OPTRONプレーヤー。
90年代より蛍光灯を素材としたインスタレーションを制作。
98年に蛍光灯の放電ノイズを拾って出力する「音具」、OPTRON を制作、命名。
展覧会会場などでライヴを開始する。2000年以降、国内外の展覧会(個展、グループ展等)、
音楽フェスティバルなどからの招集を受け、世界各国で展示とライヴ・パフォーマンスを
おこなっている。
所謂サウンドアート的展開からロック〜ジャズ〜クラブミュージックまで、音の大小や
空間の規模を問わない そのパフォーマンスで、様々なタイプのサウンド・パフォーマー達や
ダンサーとの共演、コラボレーションも多数おこなっている。
ここ数年は HIP HOPレーベル「BLACK SMOKER records」からのCDリリースや、
イベントオーガナイズ等も活発に行なっており、ジャンルや音楽スタイルの枠を飛び越えた
さらなる幅広い活動の展開を見せている。
www.gotobai.net/

https://www.youtube.com/watch?v=JdXMN2odplA


即興舞踊の宴 空間実験室LABO
10/18(金)19:30- 開場 20:00-開演
料金:¥2500 (1ドリンク付き)

毎、偶数月は86B210,LABO。
呼応地下空間の実験室。激しい種が産まれるか、静寂か、どうぞお立ち会い下さい。

終演後はサロンになります。どうぞお越し下さいませ。
小さなスペースですのでご予約をお勧めいたします。

"LABO" are held on the third Friday of even numberd month.
It is laboratory of movement.
Next "LABO" on 18th,October,Friday.
86B210(dance avant-garde duo) ,Fumie Suzuki with Atsuhiro Ito (Sound performer OPTRON)
If you stay in tokyo, please come to our performance!



10/18(Fri)
Door Open 19:30. Performance Start 20:00
2500yen,(Inc,1 drink)

ご予約/Reservation to

86b210@gmail.com

会場/Venue: Art Space呼応Co-oh

東京都新宿区四谷3-6結城ビル地下一階 / B1F,Yuuki Building,3-6,Yotsuya,Shinjuku-ku,Tokyo
リトリート青凪 文化音楽芸術祭
台風の影響により、12日の開催は中止となりました。私達の出演は次の日の13日
17:30からとなります。12日に予定してくださってたお客様ごめんなさい!私達も無念です。

この日のこの場所の為に作り上げたものなのでどうしてもここで踊りたい。
観て頂けたら嬉しいです。芸術祭は、13日、14日に集約して行われます。

それにしても,,,,,,,台風のバカー!! 自然現象だからしょうがないですけども。

以下リトリート青凪より詳細です。
setouchi-aonagi.com/art-festival/1日目中止のお知らせとお詫び/

私たちもバッタバタでなんとか飛行機諸々調整を終えて向かうことができます。
青凪でお会いできます事祈っております!!

リトリート青凪 86B210



リトリート青凪 86B210←クリックすると大きくなります。